道の駅ー11 宝塚北PA

新名神高速道路が延伸され、大阪、神戸を経由せずに岡山から高槻を経て京都に抜けることができるようになった。そして、いまいちばんおしゃれできれいなサービスエリアだろう宝塚北SAで仮眠することにする。

阪急百貨店かと錯覚してしまうほどのショッピングモールでは手塚治虫や宝塚歌劇団へのリスペクトが感じられる。フードコートもありきたりのお店ではなく、「熱心に口説いて店をだしてもらった」であろう自慢のお店が並んでいる。

京都は自分たちのことを関西人と思っていないのと同様に神戸、芦屋、宝塚の人たちのプライドもまた高く、そしてまた同様に舌が肥えており、ありきたりのものをだしたらたちまちそっぽを向かれるのは間違いない。

ここの「めん処 つる庵」の蕎麦を早朝にいただいた。あまたあるサービスエリアの蕎麦ではいちばんではないだろうか。八ヶ岳PAの蕎麦とともにチェックだね。ほかに「神座」のラーメンも出店している。

大型トレーラー、トラックでほぼ満車状態。高級ホテル並みのトイレには「トイレの写真を撮らないで」の注意書きがあるほど。

今回座席の2列目、3列目が隙間なくフラットになるように頑丈なフレームを取り付けその上に専用のマットを敷いた。前橋の工場でタウンエースを中心に車中泊向けに車種ごとに採寸し製造しているため、きっちり見事に収まる。フレームの下にできた隙間に奥のほうまで荷物を置ける。これで車が3階建てになった。これまで、倒したシートの上にベッドマットを載せて寝ていたがなんとも武骨でみっともなかった。自宅のセミダブルベッドと同じ広さ(長さは5cm長く2メートル)で大の字になって寝ることができ、ころころ寝返りもうてるのがうれしい。寝心地はやはり重要なポイント。

小倉から走り宝塚に昼には到着。前回SAの下見をしており、あらかじめここで休むと決めていた。明日は諏訪までの短めの旅程。高校の同級生と会う予定。

2108.8.7