カテゴリー
未分類

道の駅67 伊豆ゲートウェイ函南 2020/6/27

道の駅 「伊豆のへそ」修善寺 を下見する。

ここは、このへんの特産品である「いちご」で攻めている。いちご一色。

いちごは富士山の麓で苗を育て、クリスマスの需要期になると温暖な伊豆にもってきて植え替えられる。

すると何も知らない純真で無垢ないちごさんは春が来たと勘違いし、可憐な実をつける。

田舎の貧しい農家の娘がいちご手配師に、いいとこで働ける、おいしいものを食べていいおべべを着せてもらえるとだまされ売られていく。

そして、人身売買は禁止のはずが吉原花魁のショーケースに飾られよだれをたらした客に買われていく。

しかし、待てよ。

一粒一粒ごとに大切に、主役となって、お姫様になって売られていくんならいちご冥利に尽きるしあわせな人生であろう。


女子たちはざわつき目を丸くし、「おいひそー」とかいって歓声をあげてとびつく。

女子たちだけが飛びつくのかと思っていたが若者の間でスイーツ男子が増殖しているという。

新橋や有楽町のガード下で焼き鳥で焼酎で語り合うのではなく、男どうしがパーラーでパフェとかでお茶する。

寒気がするほど気色悪い。

店内は、いちご、いちご、いちご、みんないちごのいちごワールド。

これが人気。

わしゃ、世の中から甘いもんがなくなってもなんちゃこまらん。

アイスクリームもきんつばも、あんこも、桜餅もおはぎもなくなってもいいが、ビールがなくなったら本当に困る。生きていく気力を失うし失恋よりもきついかもしれない。

いちごといちごいちえの出会い。

さんざん冷やかしたあげく何も買わずに店を出る。


そして、本日のお立ちより先、

道の駅「伊豆ゲートウエイ」へ向かう。

最近山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」が開業したが、おそらくそのネーミングは

ここのパクリであろう。


まさに中伊豆の玄関口三島の南、函南にある。

本日いましがたリニア新幹線の2027年開業に向けた南アルプスのトンネル工事の着工をめぐりJR東海の社長と静岡県知事の会見が行われ、会見の様子をラジオは伝える。


大井川水系枯渇の可能性のある南アルプスのトンネル工事について川勝知事は明確に反対している。

対照的によくこれで社長が務まるなと思ってしまう頼りなくしまりのないJRの社長。官僚上がりだろうか。

「仁義なき戦い」ではないが神輿に乗せられている組長は泣き虫で頼りないくらいでちょうどいいのかもしれない。

リニアのルート


静岡県はかつて東海道本線丹那トンネル工事による丹那盆地の水枯れを経験している。

函南盆地の豊富な湧き水が枯渇し水田やわさびの栽培ができなくなって酪農地への転換を余儀なくされた。1本のトンネルのために生活、産業までも変えてしまうほどの環境破壊を受けた経験をもつ。

そのため流域10市町がJR金子社長からの面会要請を拒否している。

決して静岡県のエゴではない。リニア開業と引き換えに後世に取り返しのつかない環境破壊をもたらす可能性がある。


社長の「掘ってみないとわからない」的なニュアンスの口ぶりに唖然とするが実際トンネル屋の熊谷組だろうと間組であろうと掘ってみないとわからないはずだ。

掘り進んでいくうちに水脈にぶちあたり、しかたないこれを避けて掘ろうなんてできるはずがない。なにしろ時速600キロで走るリニアだ。

予定通り開業できないと損害賠償がどうのこうの、国家プロジェクトであり、とか国をバックにした大企業の傲慢さがにじむ。

大好きな伊豆や毎朝大切にいただいている牧の原で栽培されているお茶を失いたくない、と思う。そのために白州の南アルプスの天然水を汲みにかよっているのだ。


知事は社長に牧の原の緑茶を大井川水系の水で淹れて差し出した。

牧の原は440万石だった徳川幕府崩壊後江戸から70万石の駿河藩の領地に戻った幕臣たちが農民となって荒れ地を切り開いて苦労してお茶畑にしたものだ。

その苦労をしのびながら緑茶の美しい緑を愛でる。


道の駅には「かねふく」の見学ができるめんたい工場が隣接していおり、にぎわっている。氷川きよしが迎えてくれる。


博多めんたい一色。



館内の熱気に押されて「できたてめんたいおにぎり」を購入。

かんじんのごはんがぼそぼそでせっかくのできたてめんたいが台無し。

明太は専門でもごはんのことは疎いらしい。


次回は天城へいこう。

わさび、しいたけ、清らかな水、、、

平成元年12月にオープンしたばかりの道の駅「月ヶ瀬」

道の駅月ヶ瀬

川蟹料理があるぞ。

「ズガニ」という。

もずくがに、上海ガニの仲間のような。

なにもうどんにいれなくても、、、

カテゴリー
未分類

道の駅66 伊東マリンタウン 2020/6/26

県をまたぐ外出はやめてくれ指示が解除されようやく伊豆へやってくることができた。

道の駅に併設されている温泉施設は早朝5時オープンで涙ものだ。4時に目覚め、海岸を散歩してクルーザーを品定めして見て歩く。どれも個性的な艇でオーナーの性格や趣向が見て取れる。

これは「釣り専用」、これは「見栄のみ見せびらかせ」タイプ、「愛人にささげる」系、純粋にクルージングを楽しむための「加山雄三」タイプ。「税金払うくらいならクルーザー買って節税しよう」系。

開店とともに湯に浸かり朝日をながめる至福の時間。食堂も朝6時からで身離れのいいあじの特大干物定食が710円でいただける。お風呂は早朝割引で600円。


地元の漁師さんらしきお年寄りのご常連さんたちが温泉のドアが開くのを待ちながら駐車場の車に目をやり不安げに話している。

「東京やらの車が多くなった。まだ収まってないだにぃ。」

洗い場はひとつおきの使用で地元はまだピリピリしていて、おみやげやさんも商売あがったりの様子。

伊豆半島はまるごと観光地で旅館、ホテル、民宿、おみやげやさんなどはまるまる3カ月以上収入を絶たれている。

こんなことははじめてだ。



うちの近所の「貫井浴場」の銭湯の入浴料金はいつのまにかじりじり値上がりを続け470円もする。それでも午後3時には開店を待ちきれず扉の前にはご近所のじじばばが大集結している。じじばばが大集結しても浴場側にとってこの470円は経営上ぎりぎりの価格設定かもしれない。じじばばはそんなに急がなくてももうすぐ「極楽」にいける。


銭湯大好き男だった。あの湯気と開放感、そしてよたったじじいがどざえもんのように、木場の丸太のようにぷかぷか浮いている湯ぶねが好きだった。びりびりしびれる電気風呂、ラドンだかモスラだか知らんがガラスで隔離された放射線の湯もある。南光スイミングスクールに通っていた息子をつれて二人して真っ赤になって江戸っ子よろしくやせ我慢大会のように浸かっていたものだ。


でも、この470円はもったいない、もういいやと思うようになった。

スポーツクラブ「ルネサンス」でいつでも会員になっていつでもサウナ付きの大浴場に入れるようになったことが銭湯を私から遠ざけてしまった。でも、温泉は銭湯とは違う。しみじみ疲れがとれる。疲れてなくても癒される。極楽感が違う。