カテゴリー
未分類

2歳児からのドメスティックバイオレンス

 

ゴルゴ13のシンジケートをやめ、ウルトラの兄弟になることを決めた2歳のコードネーム「R」。

怪獣との戦い方の研究に余念がない。ウルトラマンZでも「ご唱和」している。主題歌も口ずさむようになった。


無抵抗な0歳の弟の髪を引っ張ったり、ぶったりしていて怪獣より恐いウルトラの母の逆鱗に触れぼこぼこにされている。

その憂さ晴らしか、温厚で従順なじいじを怪獣に見立てて突進してくるようになった。

そして、パンチにキックの雨あられ、たまらずじいじはダウンさせられている。

「うおっ、ふおっふおっっほ」と低いバルタン星人の声で笑い腕組みして勝ち誇る。


年末、居酒屋で段差に気づかず転倒し脳しんとうを起こし「たこ八郎」になってしまったじいじは、さいきん「弱く」なってしまっているものだから幼児にばかになったことを見透かされ攻撃をうけるようになった。


レジにいた「はなの舞池袋店」の店長は怪獣がウルトラマンにやられてスローモーションで倒れ込むようなおやじの転倒の様子の一部始終を目撃しており、「こわれたメガネ代は弁償します。」といってくれた。店舗の客席とフロアーとの高い段差がもともと危険であることを知っていたのだろう。


もし、ばかになってしまったときのために店長の名刺をもらって、また連絡することがあるやもしれぬと伝え、

「メガネ代はいい。ただでさえコロナでたいへんな居酒屋の、がんばっている若者たちに迷惑はかけられない」と自分でもほれぼれするせりふを残し店をあとにした。


店を出たあと、なんで店長に「ほんと?いいの?『ラッキー』、ちょうど買い替えようと思ってたやつやかいねー」といわなかったか悔やんだ。

たぶんに東映やくざ映画の見過ぎで「任侠道」とか「男をあげる」とか「かたぎに迷惑をかけちゃいけない」とかいろんなシチュエーションで「かっこつけるようになっていた」ことが原因だと気づいた。

さいわい大きなたんこぶとめまいとふらつきと言語障害ですんでいるが、それからだ。

2歳児からのドメスティックバイオレンスを受けるようになったのは。


2歳児も「セブンも最初は怪獣に投げられ光線にやられ苦戦するもの」とすじがきがわかっているのか、たまにじいじの反撃にあい倒れ込むふりをする。

死んだかと見せかけてすっくと立ち上り、必殺の攻撃をしかけてくる、その繰り返し。


連戦連勝を重ね強さの絶頂にあった2歳児ではあるが好事魔多し、あろうことか大晦日におとうの肩車から転落し落下、左足を骨折してしまった。

救急病院で医師からドメスティックバイオレンスを疑われたがあざなんかがないことから疑念は晴れてはいる。

だけど、おいらのこの2歳児から受けた紫色のあざや打撲のあとはどうなん?サンドバックにされたんよ。


それでも、正義の味方がかわいそうでかわいそうでじいじ怪獣は豚汁やポトフ、お好み焼き、崎陽軒のシューマイ弁当、しらす、やらを差し入れ、回復を祈った。

カテゴリー
未分類

絶空調レポート まもなく1年 2021.1.8

今年3月で1年となる「絶空調」のコスト面での評価をレポートする。


A:転居前の間取り

  5LDK(リビングは18畳)

B:新居

  4LDK(同14畳)


比較可能な電気料金は


データは古いがざっとこんな感じ。

これまで1カ月の電気料金が仮住まい期間を除き2万円を下回ることがなかった

先月12月は2台の絶空調の24時間運転で設定温度を20度にしてむやみにいじらず風量は自動にしておいたことで冬場でも2万円を切った。入居時以降夏場を除き11千円から18千円の間で推移してきた。


ただし、大型冷蔵庫、洗濯機などを省エネの最新型に買い替えたこと、電灯をすべてLEDにしたことなどほかの要因も無視できない。

起動時に大きな電力消費となるスイッチのオンオフを筆頭に設定温度の上げ下げ、風量の変更などが空調機器に負荷をかけ電気の消費量を上げると業者から繰り返し聞かされていた。

ほんとに留守にするときスイッチを切らなくていいのか、もったいないのではないか、悪いことをしているのではないかと小心者のわたしは慣れるまでに時間がかかった。


旧居は夏暑く冬寒い断熱性が低い建物であったため、エアコンでの暖房はあてにならずほとんど使用せずガスファンヒーター3台と石油ストーブを2台使用していた。そのガス代と灯油代はかなりの額になるはずだけれど別料金でここではカウントされていない。そんな意味では冬場は前提が違いすぎて比較可能とはとうていいえない。

絶空調では他の暖房器具との併用はよろしくないとされ、2台にいっさいおまかせだった。必要も感じない。

それでも、玄関、廊下を含めすみずみまで一定の温度が維持され夏場冬場ともに快適に過ごせた。

南向きの各部屋は冬場に陽が差し込む昼時ぽかぽかになってTシャツになることもあった。クロネコさんの荷物もTシャツ姿で受け取ることもしばしば。

ただし、3階の屋根裏収納部屋とつながる夏場の2階部屋は日差しと1階に設置されている機器の風量が弱くなるせいか暑くなる傾向があり、今後東京の夏の気温が上がり続けると壁掛けエアコンが必要となるかもしれない。

そのときに備えてエアコン用の200V電源もオプションでリビングと2階部屋に追加しておいた。


台所と廊下の天井に機器はそれぞれ設置されており、1階と2階の吹き出し口からの温風、冷風はかすかな音とともに吹き出す。

布団は12月でも薄い羽毛布団1枚でいい。寒さや暑さで夜中に目覚めることも一度もなかった。


もともと業者のセールストークだとして鼻で笑ってその実力を信用していなかった「絶空調」。

条件が異なるなかでの比較ではあるけれど、結果的にコロナ対策になった24時間の換気システムとともに空調にかかる絶空調のコストはおつりがくるほどであったと評価したい。

そして、なにより、だれより快適に過ごしているのは旧居ではストーブの前で火がついて燃えそうになりながら寝ていたにゃんたちのようだけど。

あれこれ設計上の無理難題をおしつけご苦労を強い、ご尽力いただいた「ひのきや住宅」の営業の松井さんと、工事をしきった現場監督の伊藤さんに掛け値なしの謝意をこれから伝えるつもりである。


 

カテゴリー
未分類

イスラム横町のマスクのいま 2021/1/4

 

JR山手線新大久保駅をでてすぐのマツモトキヨシをまがるとそこはもうイスラム横丁で、なかでも一番目立つのがこのスパイスやハラルフードの「GREEN NASCO」。

隣は激安の八百屋で中国産のにんにくがネットにこれでもかと詰めてぱんぱんになったやつが900円ほど。

大阪ミナミ、動物園前の超激安スーパー「玉出」も真っ青な、とにかく「安く」売ることに命を懸けている八百屋に違いないとその気迫にしり込みする。


NASCOインド人の経営だろうか、ターバン姿のいい歳のひげのおやっさんが瞑想がちにレジに立っている。

アジア、アフリカの食材を扱っているかたわらでマスクが山積みされていて日によって値段がかわるのか値札は手書きだ。今日はひと箱399円(税込み)、1枚8円。

輸出を制限していた中国産のマスクが大量に出回ったことで値は暴落している、というよりこれまでが異常だっただけでもとに戻ったということだろうか。

新大久保駅の北のほうは韓国ゾーンで韓流スターの写真やグッズの店がふえたような気がした。もう数十年前とくらべるとではあるが。


駅の南、新大久保駅とJR総武線「大久保」駅に挟まれたあたりは、もうアジア、アラビア、何でもありの多国籍の店が長屋のように肩を寄せ合って集まり、日本語がまず聞こえてこない雑然とした異空間だ。

田園調布や二子玉川のマダムたちは一生涯足を踏み入れないゾーンであろう。もったいない。


日本で暮らすアジアやイスラムやアフリカの人たちにとって大久保は母国を感じることのできる、なつかしく、やさしく、おいしく、ほっとするところなんだろう。

スナックの店で店頭に行列のできている店もある。スパイスのにおいにたじろぐ私には行列ができる理由、どこがどう違うかまずわからないと思う。

 


先月12月の仕事帰りの北千住の商店街ではマスクがひと箱50枚が195円だった。1枚4円。だめもとで試しにひとつ持ち帰ったけれど問題ないようだった。


転売してひともうけしようと企んでいた業者が時機を逸して売り抜けに失敗したことから輸入が遅れたせいだと輸入業者を監禁した事件もあった。監禁投げ売り流出マスクではないかと疑った。


 

 

感染が拡大し、たまりかねた小池知事が総理に働きかけ今週にも「緊急事態宣言」を発出する。

 

カテゴリー
未分類

「日本映画発達史」田中純一郎氏について


昭和50年に新資料をもとに改版された文庫版の著者によるあとがきに次のようなくだりがある。

私が映画の魅力にとりつかれるようになったのは、上京して神田の中学に通う頃で、(略) 私は中学を出たら映画会社に入りたいといった。 私の家の祖父は、一代で産を作った堅人だから、活動の仕事といえば旅興行のテキ屋くらいにしか思っていないので、私の申し出を聞くと激怒して、「活動などはやくざもののやる仕事だ」「お前には魔がついたのだ」といって、学業半ばの私を、日本橋の糸屋に預けた。 私は店の主人が簿記の学校に通わせてくれるのをよいことにして、勉強にかこつけて、よく映画館に回った。映画雑誌にも投書した。(略) 大正8年暮れのスペイン感冒で、私は死ぬような病気をした。そのころから、趣味としてならいいということで、私のわがままも聞いてもらえるようになった。

大正8年暮れのスペイン感冒がこの力作への階段を登らせたのは間違いない。

100年後の今回のコロナ騒ぎの巣ごもり生活が人々に何をもたらすか、生活に変化を与えるか、与えたか。


もうすぐ1年になろうかという感染への対策生活は少なからず私の生活にも影響を与え、よけいなもの、不要なものをとりのぞいた、よりシンプルな暮らしに、毎日にかわった。そんな気がする。

2020/1/4

 

 

 

 

カテゴリー
未分類

Blue-Ray レコーダーの内蔵HDDの換装

2014年に発売されたブルーレイレコーダーディーガDMR-BRS500は奴隷のような酷使に耐えよく働いてくれてはいるが、こいつを分解して500ギガの8倍の4TBのHDDに換装してしまうことにする。


8年前に一度トライしたもののあと一歩のところで挫折した経験がある。

いったん本体のケースをあけてしまうと今後メーカー保証がいっさい受けられなくなると脅されていたからドライバーで分解するときハラハラドキドキしたのを思い出す。

本体からHDDを取り出す作業は魚の内蔵をとりだす下処理のようでもある。


取り出した500ギガのHDDをコピー機を使って4TBのHDDにまるごとコピーする。

8年前と違いPC不要の丸ごとコピー機でクローンHDDが簡単につくれるようになった。


HDDはウエスタンデジタルのラインナップのうち「監視カメラ用」の「パープル」シリーズを使う。


そして、HDDの内容の書き換えを「HxD」というフリーのバイナリエディタを使っておこなう。

 

HDD内部に記録されている気が遠くなるほど膨大な12進法のデータの文字列のうち500ギガであることを示す

「51CA8C0E」(設定値1)と「51BA800E」(設定値2)の部分合計8か所を検索機能を使ってさがしだし、

4TBの容量を示す

「88D26974」と「88C25D74」にそれぞれ上書きし書き換える。

するとレコーダーが4TBの機器として認識してくれる。

なぁんだ、おまえ「500ぎが」くんかと思っていたけど「4てら」くんだったんか、というわけである。


前回はここまでいったのにHDDを本体に取り付けたとたんいうことをきかなくなり、もとに戻した経緯がある。

整列した延々と続く16進法のバイナリデータの大行進は様式美すら感じる。


武家屋敷が連なる幕末の江戸の景色も日本建築一色の様式美があってさぞ綺麗だったろうと思う。

白い塀と灰色の屋根のツートンカラーの統一美。(フィリックスベアト撮影)

幕末に時計を売りにやってきたスイス人アンベールが膨大なスケッチを残している。

江戸のみならず横浜や京都、江の島などの街並み、よほど好奇心旺盛だったのか風俗に興味を持ち庶民の暮らし、僧侶や神官、食事、日本女性、葬式や拷問、晒し首の様子まで偏見をできるだけ排除しながら克明に記している。

カテゴリー
未分類

「日本映画発達史」田中純一郎著 全五巻をヤフオクで

とんでもない名著だった。

1957年に初版が刊行され、そのうちの1冊が神田神保町をうろつく私の目にとまった。


いまはいい時代になって本屋を探し回らなくともネットオークションでかんたんに手に入る。

昭和51年に文庫版となって中公文庫から出版されたものを全5巻落札したがこれがいま手に入る最後のもの。


急な仕事が入り、つまみ読みしかできなかったけどようやくひと段落で年末年始に腰を据えて読もう。

作品の生まれた時代背景や制作会社の盛衰、制作エピソード、どれも興味深い。

おもわず笑えるのもある。


「大映は永田雅一をはじめ、首脳部に製作出身の者が多いためか、一つ一つの映画作りは慎重に企画されていることは分かるが、営業的にときどき失敗をしている。つまり書き入れどきに大作や話題作が間に合わず、せっかくの興行力を発揮できないことがたびたびある。営業企画と製作企画がうまく合致しないまま、出たとこ勝負で興行するからである。」

これがまさしく「興行」。一発当てる、いちかばちか、大失敗、これぞまさしく映画の醍醐味。




2020.12.25

カテゴリー
未分類

神田神保町古書店街 2020/12/11 

iphone12ProMaxのカメラの広角レンズは使える。これはいい。

ワンタッチで標準、望遠、広角の切り替えができる。iphoneXSMaxではなかった機能。

夜間は赤外線センサーで距離を測定し焦点を合わせる。

安価なデジカメは淘汰される運命かもしれない。


今日は松竹映画100周年「監督至上主義の映画史」を上映中の神保町シアターで大木実、高峰秀子主演の「張り込み」(1958年)を大真面目で鑑賞した。

大木実は東映任侠映画に欠かせない存在で、悪のやくざではなく、「いいやくざさん」側の役が多い。この風貌では悪役はつとまらない。おそらくは生来の品があるのだ。

筋立てはともかく、昭和30年の佐賀が舞台でその街並み、まだ舗装されていない土ぼこりの道、露天の市場の喧噪、東京発長崎行の蒸気機関車の車内の様子や車窓の景色、当時の横浜や、博多駅など戦後の日本の映像記録としての価値は高い。


せっかく神保町にきたのだ、当然にして古書店巡り。

ブックオフはそれはそれでいいのだけど、この底知れぬ古本屋街は定期的にうろつく必要があると思う。

でないと、好きな作家は「司馬遼太郎」、趣味は「映画鑑賞」どまり。


1冊3千円する東洋文庫が500円。マルコポーロの「東方見聞録」を立ち読みしてみる。期待していたジパングの記述が少ないので買う気が失せた。


今日の掘り出し物はこれ。

戦後から昭和31年までの映画史で、作品の解説と製作配給会社の盛衰などが詳説されている貴重な資料。200円

おそらく著者の田中純一郎さんは片っ端から見たんだろう、大真面目に作品を評価している。あたった、あたらなかった、とか映画会社の財務状況に詳しいところをみるとビジネスマンだったのだろうか。


底なし沼の神田神保町に足を踏み入れてしまった。

カテゴリー
未分類

アリババ マーさん

ダイアモンド(2020/12/12)の記事にアリババの上場廃止を巡るいきさつが解説されていた。

中国の国家による、というか習近平による圧力で時価総額31兆円の上場が突如とりやめになった。


このくしゃおじさんのマーさんの経歴が興味深い。

きょうの興味深い記事でした。

peipeipeiさんのコラム」

ダイアモンドによれば、アリババは決済システムからスタートしているけれど消費者金融のような決済資金融資での利益が拡大に貢献している。

やはり、金貸しはもうかるのだ。まして月間利用者7億ともなればその利益は計り知れない。

それを規制する国の旧態依然のやりかたを講演で痛烈に批判したところ、政府が怒った、ということらしい。


経済合理性にとどまらず政治的に気に入らないことがあるとぶんむくれて攻撃する幼児性がいまの中国(の指導部)にはある。

カテゴリー
未分類

NTTの逆襲

ついに山が動いた。

「まだ本気だしていないだけ」だったNTTが動いた。

この社長が中国の清朝末期状態のNTTを本気で改革しようとしている。

澤田純65歳。

記事ではNTTを「日本をデジタル後進国へ導いた張本人」と断罪している。12月12日号


2018年に社長に就任して以来、NTTドコモを子会社化した。

そしてつい最近携帯料金の強烈で画期的なプランをうちだした。

「NTTドコモの新料金プラン『ahamo』は、4Gに加えて、iPhone12シリーズが対応した5Gネットワークが利用可能で、20GBのデータ通信量がずっと2,980円で利用できるのが特徴です。」

iphone-mania.jp

 

手続きはネットのみ。「ahamo」はもともとソフトバンクでいえばYモバイルにあたるNTTドコモのサブブランドとして立ち上げる予定だった。

それを、

新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料で、2年間の定期契約、解約金の設定はありません。

とやっちまった。

キャリアメール(~@docomo.ne.jp)は提供されません。

こんなもん最初からいらん。


このプランの登場で「楽天の携帯電話事業は淘汰される、情報弱者のための中間搾取者である携帯電話ショップのスタッフは転職を考えた方がいい」という意見までもある。

やはり、独裁だろうがなんだろうが経営トップのかじとりと将来を見据えた決断で決まる。

 


KDDIの高橋誠社長が「国に携帯料金を決める権利はない」と反論している姿は半沢直樹を彷彿とさせ、しびれた。

けれども、この先国からの圧力による値下げ要求は不可避との政治判断、そして通信料半減のリスクを織り込みつつ経営判断した、という背景がある。

ダイアモンドの記事はこの巨像の体内を解剖して解説してあって読みごたえがある。

2020/12/9

カテゴリー
未分類

スターがスターだったころの映画

海と山の地方暮らしもいいかなと思う反面、やっぱ東京じゃないとね、と思い直すことも再三。

名作シネマの上映館の多さはそのひとつ。

コロナで遠慮していたが、そうもいってられなくなって、チケットを買い、手をアルコール消毒したあとスタッフに検温器を頭に当てられ、ようやく入場できるシアター。


東京の名画専門のシアターは池袋「新文芸座」、阿佐ヶ谷「ラピュタ」、吉祥寺「UPLINK」、「神保町シアター」、飯田橋「ギンレイホール」、渋谷「シネマベーラ」、銀座「国立映画アーカイブ」、まだまだある。

昭和の日本映画の質の高さ、充実ぶりを物語るものだ。



なにより監督が個性的でこだわりがすごかった。昭和の時代そのものが煮えたぎっていた。


縁のなかった成人映画でさえ芸術的であるといえる作品もあっていまではいとおしく思える。


台湾、韓国映画も評価が高い。


戦前戦中戦後の汗をかきひたむきに生きてきた時代、大人も子供も殺気立って大まじめだった時代の日本人が好きだ。

映画会社の制作路線も時代に翻弄され迷走していくがそれがまたつかみきれない混沌とした時代を切り取っていていい。

団塊の世代の持て余したはちゃめちゃのエネルギーや、わけあって追い詰められ犯罪に手を染める若者や、薄給でありながらも職務に忠実に励む機関車の運転手や警察官、学校の教師、貧しさの底辺でうごめく人たち、労働争議、売られていく娘たち、麻薬と拳銃、暴力、猥雑な飲み屋街、清純な娘のほのかな恋心(いまでは絶滅品種)、裸電球の下のつつましい家族のだんらん、、

今の役者では浅野忠信を評価している。柄本明や香川照之など怪優と呼ばれる役者の層は厚いが彼は希少な正統派の役者。

失敗作「ミッドウェイ」では空母飛龍の名将山口多門艦長を好演していたのが唯一の救いであった。そしてこの「日本独立」でマッカーサーたちと互角にわたりあった白洲次郎を演じることができるのは浅野くらいだろう。明晰でストレート。ぶれず筋を通す男がはまり役かな。

英語が上手いと思ったがクオーターでおじいさんが北欧系のアメリカ人だったからか。


仲里依紗とのバカップルぶりが報道されてはいるがそんな雑音はどうでもいいだろう。名優の身辺は騒がしいものだから。