カテゴリー
未分類

運慶  特別展

国立博物館 2017.10.18


仏像なのに迫力ある躍動感と生命の輝きが吹き込まれている。如来や僧たちの穏やかな表情の中に強い意志と慈愛がにじむ。作品31体のうち22体が一挙に展示されている。平安時代末期から鎌倉にかけての作品だが、保存状態もよい。これだけの作品をよくぞ集めてくださった。去年奈良の興福寺でお会いした仏像も多く展示されていて、手の届く台座に置かれ正面、側面、真裏にも回って拝むことができる展示方法がありがたかった。


入場までに50分待ち。公開日には2時間待ちだったとか。平日なのでわたしと同じような定年後のお父さんや、おばさんだらけ。後ろに並んだおばさん3人組は、入場待ちの1時間、運慶となぁ〜んも関係のないことをずーっとずーっと休みなくおしゃべりし続けていて呆れた。これまでおしゃべりでは妻の叔母の京子おばちゃんがながらく世界一と思っていたのだが、今日のおばちゃん3人組もすざまじく、なんで女子はこうもおしゃべり好きなのかと思ってしまう。


記念の3,000円の写真集ではなく、芸術新潮の特集号を買いもとめた。

カテゴリー
未分類

浅草もいいけれど

27年前に1年だけ勤務したことのある浅草の仲見世は当時夕方6時頃には人通りもなく閑散として猫しか歩いてなかった。それが今は大勢の外国人観光客で賑わっている。銀座や渋谷もいいのだろうけれど彼らが望んでいるのはなにより日本らしい[風情][情緒]ということなのだろう。2017.10.18

少し脇道を入ると、合羽橋の道具街がある。飲食店関係、調理人の聖地で揃わないものはない。すでにだいぶまえから外国人たちにも人気のエリアとなっており、お土産をさがしている。

合羽橋の目印のニイミのコックさん。通りの両側に専門店がずらりと並ぶ。

おやじも蕎麦を極めようとここでこね鉢と麺切り包丁など蕎麦打ちセットを買い求めたのだった。形から入ろうとして蕎麦屋主人ふうの服は悩んだがやめて。

観光地、遊園地に行かずとも眺めているだけで楽しい。

洋菓子の抜き型の専門店もある。日本中のお菓子屋さんがくるのだろうね。


むろん和食の命、包丁も揃っている。

この店は[箸]の専門店。商売が成り立つのかなぁ。


外国人のお目当はここ。食品サンプルのお寿司のストラップから人気に火がついた。

ざる蕎麦4,644円といわし焼き5,400円を注文するとしめて10,044円!ごちそうさまでした。さて、4年間に及ぶ単身赴任を終えて、なつかしい浅草の友人とこれから一杯やります。

カテゴリー
未分類

伊豆の絵葉書めぐり

新宿御苑の古書店で手に入れた昭和の絵葉書。1961年に伊豆急行鉄道が開通して一気にアクセスがよくなり、たくさんの人が訪れるようになったと聞いた。


旅がぜいたくで、みな忙しく働いていて温泉旅行など♨️なかなかいけなかった時代。伊豆の漁村も鄙びていてゆったりしている。


伊豆半島南端の石廊崎に向かう途中の蓑掛岩。この近くの民宿が職場の先輩の奥さんの実家で夏休みに家族や友達たちと通ったものだ。このあたりは「鈴木さん」姓ばかり。民宿から降りるとすぐに海岸で、バーベキューしたり、絵に描いたような夏休みを過ごした。夏休みをこんな過ごしかたをした子供たちは必ず曲がらず育つ、と思っていた。そんな思いをよそに2人の子どもはグレはしなかったもののあちこち寄り道しながら育った。

蓑掛岩までどれくらいだろうか、1キロないくらいなので、泳いで上陸しようと思ったが、ここは親潮の潮流の速い海でもしものことがあったらと途中で引き返した。子供の友達のおとうさんが心配そうに岸からこっちを眺めていたこともあって。


入江が深い天然の良港石廊崎。義母とおじが戦争中疎開していた漁村で(正しくは「仲木」)伊勢海老の捕まえかた、ある髭を掴むと動けなくなる、こととかよく話を聞かされた。いまでも開発の波に曝されず秘境の佇まいが残る。


太平洋に沈む夕陽の石廊崎灯台。伊豆でいちばん好きな荒々しい岩礁地帯で、さすがにここまで下ると静かで喧騒とは無縁となる。てんぐさが名産(ところてん)。


民宿では伊勢海老を出してくれる。活き造りもいいけど、朝ごはんについてくる味噌汁が格別だ。


弓ヶ浜。弓なりになった遠浅の海水浴場。子供たちも安心して楽しめる。

昭和30年ころの日本人の顔っぽい。高松塚古墳の壁画のようにふっくらして、ロッテ雪見大福のような美女。

鉄道もなく、山がちな西伊豆からの富士山の景色がフジの眺めとしてはいちばんであろう。海抜ゼロメートルから一気に駆け上がる大きな扇の山裾の美しさといったらない。急峻で曲がりくねった狭い道を走っていると東海バスが向こうからやってきて、崖から落ちないように気をつけながら道を譲らなければならなくなる恐怖も味わえた。アクセスの悪さと強い風にさらされる西伊豆は別荘地として敬遠されたのだが、おかげで開発も進まず、いい感じで自然が残されている。特に、松崎から石廊崎にかけての海岸はまさに秘境といって良い。

西伊豆 戸田  このあたりは駿河湾の深海となっていて世界一の巨大蟹タカアシガニや手長海老などが名物となっている。


西伊豆 妻良  松崎  しんちゃんと私はかつて3人の若者を奴隷にしており、肉体労働が必要なとき、つまり、カヤックを運ばせたり、伊豆に展開する地元スーパーAOKIでの買い物の荷物の上げ下ろしに賃金未払いで使役していた優雅な時代があった。毎年入ってくる新入社員のうち、奴隷としてふさわしいあまり人生について深く考察したりしないタイプの健康な青年に目をつけておき、安酒場で焼き鳥をあてがって搦め手で手なずけ、次第にわしらの術中にはめてゆく、という寸法であった。ひとたび奴隷となると簡単には足抜けできるはずもなく、自分の代わりを差し出さなければ認めてもらえなかった。だから、左のきんちゃんも右のわっしーを洗脳し入信させるのに必死だった。そのころは伊豆高原にあった滞在型の東急リゾートマンションの会員であったので、私のつくる料理を振る舞ったりしたものだ。とりわけ地元稲取で仕入れた金目鯛の煮付けとか、イワタニのたこ焼き専用カセットコンロで縁日ふうにしたりして盛り上げ、ますます退会ができない、というか奴隷であることに疑問を持たず喜びすら感じるよう仕向けていった。思えばわしのあざとさ全開のいい時代であった。2009年


昭和の絵葉書で伊豆めぐり、いかがでしたか?

カテゴリー
未分類

名古屋キャンピングカーフェア

ポートメッセ名古屋(東京でいうなら幕張メッセ)で2017.10.7から2日間開催されたキャンピングカーの大展示会。私の目当ては主にHONDA車の改造を手がける地元のWhite Houseのブースで、ほかの立派なキャンピングカーには目もくれず一目散に派手でないほうへ向かった。


7年目となるHonda Fit Shuttleの買い替えを期にそして定年退職の自分へのご褒美にと念願の車中泊仕様のクルマにしようと思い立った。条件は①いかにもキャンピングカーという偉そうな車でなくふつーの車をいじること②車中泊に必要な電源🔌をつける。つまり、サブバッテリーを積んで、エンジンを切っても100ボルトの家電製品が使えるようにする③冬の八ヶ岳通いのためにエアヒーターをつける、これは車内の空気を汚さない、微量のガソリンを燃料として、サブバッテリー運転するヒーターを室外に設置する④車内の後部座席で狭くくっついて心中するような格好で就寝するのではなく2人別々にゆったり寝ることができるスペースの確保(屋根の上にも就寝できるようにする)⑤Hondaのハイブリッド車であること。ディーラーにはそれぞれ社風があって、練馬谷原のショップのスタッフが親切でフレンドリーなのでこれからもお付き合いを続けたいと思っている。だから、今月、マイナーチェンジしてハイブリッド2リットル2エンジンとして生まれ変わったばかりのStep Wagon Spadaの発売を待ってこの車に手を加えてもらうことにする。(4WDのハイブリッド車がないのが残念だが目をつむる)普通の車を車中泊仕様にすることがコンセプト。トイレはもちろん、キッチン、テーブルもなし。ていうか、いらない。キャンピングカーといえば誰がなんといおうとハイエースが圧倒的に人気であれこれカスタマイズしやすいのだが、狭い練馬の道の買い物車としてはちと大きすぎる。そして今回の15年ぶりのフルモデルチェンジでTOYOTAさんはなぜかハイブリッドにしなかった。


ハイエースならまるで、豪華列車ホテルのようにも、歌舞伎町のキャバクラのようにもできる。

シャワーもついている!これはハイエースではありませんが。


大型犬の個室もできる!犬小屋をつけて飼い主と一緒に旅行ができる!ワンたちはペットホテルに預けると捨てられたと嘆き悲しむという。走る犬小屋。これなら、飼い主ともども安心だね。うちのにゃん2匹はおでかけよりも、うちでことこと寝たり起きたりして、気が向いたら甘えてすりすりするのが好きみたいだけど。


もう、モデルルームにきたような、小部屋が楽しい。

それにしても、会場は子供連れの家族、シニアの夫婦でごった返している。入場料1,000円にもかかわらず。


私は長年にわたる週末旅行で伊豆と八ヶ岳があれば、もうほかに旅行に行かなくてもいい、とさえ思っていた。結論づけていた。いっそ住む、ということも考えていた、というかいまだに未練がある。農業放棄した農家、空き家、ワンルームのアパート。旅館、ホテルなど宿泊施設にお金を使いたくない。宿の夕食などいらない。東京暮らしの大敵、大渋滞を避けるために早朝に移動するのでチェックインだのなんだのいってられない。そして少しだけ「災害」への対応、ということも車中泊仕様を選択する理由となっている。6年前の3.11の揺れとその後の混乱が脳裏に焼き付いていていまだ引きずっている。自動車に2つのエンジンを積む。1つはガソリンで動力とする、もう1つのエンジンはガソリンで電気をつくるだけのため。その車のエンジンで発電した電気を災害ときのみならず日常に活用する、そんな時代がきていると感じる。

2017.10.8