カテゴリー
未分類

有田焼 窯元「基泉」(きせん)

無類のお茶好きだ。

それもたっぷりいただく。

夜明け前に目覚め、顔を洗い、ティファールのケトルに白州の天然水を注ぎ、急須を用意する。

お茶葉をやけどさせないようにするために注意深くぶつぶつ沸く音で温度を感じとってスイッチを切る。

一杯目はぬるめで甘さを引き出し、三杯目は熱めにして渋みを楽しむ。


そして、茶碗は必ずこの有田焼の350ミリリットルのビアマグを使う。

朝食までの4、5時間、それもがぶがぶ3杯以上お茶だけで過ごす。毎日朝だけで1リットル以上飲んでいる計算だ。

このビアマグは忘れもしない15年前の夏、夏休みがとれず9月半ばになってようやくとれた休暇で訪れた有田で購入したものだ。

有田焼の工場団地に並ぶ10店舗くらいの商店の玄関先に置かれたアウトレット商品で、確か2千円だった。

卸団地をくまなくぐるぐる3周くらい回って品定めをして、落ち着いた職人さんふうの店のおじさんは「いいものが見つかりましたか?」と声をかけてくれた。

ほんとうの伴侶のように太ることも大きくなることも、皺がふえることもなく、退色もなく、ひび割れも欠けることもなくつきあってくれている最高の伴侶だ。

陶器には陶器の、磁器には磁器のよさがあり、陶器にはあたたかいぬくもりを、磁器には気品と高貴さを感じる。

色絵 梅菊文【ビアジョッキ 】


これまでの仕事の中でいちばんしんどい仕事をしているときで、同時に一方でいちばん自分が成長していた1年間でもあった。正確には自分で自分を変化させていった、仕事に適合、順応させていったということだ。


とんでもない環境になげこまれないと人は成長しない。

自分のペースでたらたらやっていても化学反応はおきない。


ひと段落ついてようやくもらった休暇で有田焼の窯元のレンガの煙突の茶色とそこから立ち上る白っぽい煙と道端の彼岸花の紅色があざやかな初秋であった。

いらい、このビアマグはそのころのいとおしい自分へのおみやげとして朝の親友、同僚となった。

サラリーマンやっているときは土日以外朝からお茶を楽しむ余裕はあるはずもなく家をでたが、退職後、そして自営業者になってからは毎朝のルーティーンとなっている。


飽きることなく連れ添っているのはどことなくふくよかな女性的なフォルムだからでもあろうか。

この窯元は「賞美堂」という。

同じ図柄のビアマグはいまでもかわらず売られていて5500円の値がついている。

革製品などいいものは長持ちするばかりか使い込むうちに味わいを増すものだ。

こんなにも長く愛用している茶器はない。というか品物はない。直接お礼に伺い、感謝を伝えたい。


賞美堂

有田焼は往時からすると飲食店や旅館などからの注文が減少しているという。

それにコロナの影響でさらに深刻な打撃を受けていることだろう。

お前が応援せんでだれがすると!

おそろいの急須を発注した。

タフで美しく実用的

2021/1/31

カテゴリー
未分類

2歳児からのドメスティックバイオレンス

 

ゴルゴ13のシンジケートをやめ、ウルトラの兄弟になることを決めた2歳のコードネーム「R」。

怪獣との戦い方の研究に余念がない。ウルトラマンZでも「ご唱和」している。主題歌も口ずさむようになった。


無抵抗な0歳の弟の髪を引っ張ったり、ぶったりしていて怪獣より恐いウルトラの母の逆鱗に触れぼこぼこにされている。

その憂さ晴らしか、温厚で従順なじいじを怪獣に見立てて突進してくるようになった。

そして、パンチにキックの雨あられ、たまらずじいじはダウンさせられている。

「うおっ、ふおっふおっっほ」と低いバルタン星人の声で笑い腕組みして勝ち誇る。


年末、居酒屋で段差に気づかず転倒し脳しんとうを起こし「たこ八郎」になってしまったじいじは、さいきん「弱く」なってしまっているものだから幼児にばかになったことを見透かされ攻撃をうけるようになった。


レジにいた「はなの舞池袋店」の店長は怪獣がウルトラマンにやられてスローモーションで倒れ込むようなおやじの転倒の様子の一部始終を目撃しており、「こわれたメガネ代は弁償します。」といってくれた。店舗の客席とフロアーとの高い段差がもともと危険であることを知っていたのだろう。


もし、ばかになってしまったときのために店長の名刺をもらって、また連絡することがあるやもしれぬと伝え、

「メガネ代はいい。ただでさえコロナでたいへんな居酒屋の、がんばっている若者たちに迷惑はかけられない」と自分でもほれぼれするせりふを残し店をあとにした。


店を出たあと、なんで店長に「ほんと?いいの?『ラッキー』、ちょうど買い替えようと思ってたやつやかいねー」といわなかったか悔やんだ。

たぶんに東映やくざ映画の見過ぎで「任侠道」とか「男をあげる」とか「かたぎに迷惑をかけちゃいけない」とかいろんなシチュエーションで「かっこつけるようになっていた」ことが原因だと気づいた。

さいわい大きなたんこぶとめまいとふらつきと言語障害ですんでいるが、それからだ。

2歳児からのドメスティックバイオレンスを受けるようになったのは。


2歳児も「セブンも最初は怪獣に投げられ光線にやられ苦戦するもの」とすじがきがわかっているのか、たまにじいじの反撃にあい倒れ込むふりをする。

死んだかと見せかけてすっくと立ち上り、必殺の攻撃をしかけてくる、その繰り返し。


連戦連勝を重ね強さの絶頂にあった2歳児ではあるが好事魔多し、あろうことか大晦日におとうの肩車から転落し落下、左足を骨折してしまった。

救急病院で医師からドメスティックバイオレンスを疑われたがあざなんかがないことから疑念は晴れてはいる。

だけど、おいらのこの2歳児から受けた紫色のあざや打撲のあとはどうなん?サンドバックにされたんよ。


それでも、正義の味方がかわいそうでかわいそうでじいじ怪獣は豚汁やポトフ、お好み焼き、崎陽軒のシューマイ弁当、しらす、やらを差し入れ、回復を祈った。

カテゴリー
未分類

絶空調レポート まもなく1年 2021.1.8

今年3月で1年となる「絶空調」のコスト面での評価をレポートする。


A:転居前の間取り

  5LDK(リビングは18畳)

B:新居

  4LDK(同14畳)


比較可能な電気料金は


データは古いがざっとこんな感じ。

これまで1カ月の電気料金が仮住まい期間を除き2万円を下回ることがなかった

先月12月は2台の絶空調の24時間運転で設定温度を20度にしてむやみにいじらず風量は自動にしておいたことで冬場でも2万円を切った。入居時以降夏場を除き11千円から18千円の間で推移してきた。


ただし、大型冷蔵庫、洗濯機などを省エネの最新型に買い替えたこと、電灯をすべてLEDにしたことなどほかの要因も無視できない。

起動時に大きな電力消費となるスイッチのオンオフを筆頭に設定温度の上げ下げ、風量の変更などが空調機器に負荷をかけ電気の消費量を上げると業者から繰り返し聞かされていた。

ほんとに留守にするときスイッチを切らなくていいのか、もったいないのではないか、悪いことをしているのではないかと小心者のわたしは慣れるまでに時間がかかった。


旧居は夏暑く冬寒い断熱性が低い建物であったため、エアコンでの暖房はあてにならずほとんど使用せずガスファンヒーター3台と石油ストーブを2台使用していた。そのガス代と灯油代はかなりの額になるはずだけれど別料金でここではカウントされていない。そんな意味では冬場は前提が違いすぎて比較可能とはとうていいえない。

絶空調では他の暖房器具との併用はよろしくないとされ、2台にいっさいおまかせだった。必要も感じない。

それでも、玄関、廊下を含めすみずみまで一定の温度が維持され夏場冬場ともに快適に過ごせた。

南向きの各部屋は冬場に陽が差し込む昼時ぽかぽかになってTシャツになることもあった。クロネコさんの荷物もTシャツ姿で受け取ることもしばしば。

ただし、3階の屋根裏収納部屋とつながる夏場の2階部屋は日差しと1階に設置されている機器の風量が弱くなるせいか暑くなる傾向があり、今後東京の夏の気温が上がり続けると壁掛けエアコンが必要となるかもしれない。

そのときに備えてエアコン用の200V電源もオプションでリビングと2階部屋に追加しておいた。


台所と廊下の天井に機器はそれぞれ設置されており、1階と2階の吹き出し口からの温風、冷風はかすかな音とともに吹き出す。

布団は12月でも薄い羽毛布団1枚でいい。寒さや暑さで夜中に目覚めることも一度もなかった。


もともと業者のセールストークだとして鼻で笑ってその実力を信用していなかった「絶空調」。

条件が異なるなかでの比較ではあるけれど、結果的にコロナ対策になった24時間の換気システムとともに空調にかかる絶空調のコストはおつりがくるほどであったと評価したい。

そして、なにより、だれより快適に過ごしているのは旧居ではストーブの前で火がついて燃えそうになりながら寝ていたにゃんたちのようだけど。

あれこれ設計上の無理難題をおしつけご苦労を強い、ご尽力いただいた「ひのきや住宅」の営業の松井さんと、工事をしきった現場監督の伊藤さんに掛け値なしの謝意をこれから伝えるつもりである。


 

カテゴリー
未分類

イスラム横町のマスクのいま 2021/1/4

 

JR山手線新大久保駅をでてすぐのマツモトキヨシをまがるとそこはもうイスラム横丁で、なかでも一番目立つのがこのスパイスやハラルフードの「GREEN NASCO」。

隣は激安の八百屋で中国産のにんにくがネットにこれでもかと詰めてぱんぱんになったやつが900円ほど。

大阪ミナミ、動物園前の超激安スーパー「玉出」も真っ青な、とにかく「安く」売ることに命を懸けている八百屋に違いないとその気迫にしり込みする。


NASCOインド人の経営だろうか、ターバン姿のいい歳のひげのおやっさんが瞑想がちにレジに立っている。

アジア、アフリカの食材を扱っているかたわらでマスクが山積みされていて日によって値段がかわるのか値札は手書きだ。今日はひと箱399円(税込み)、1枚8円。

輸出を制限していた中国産のマスクが大量に出回ったことで値は暴落している、というよりこれまでが異常だっただけでもとに戻ったということだろうか。

新大久保駅の北のほうは韓国ゾーンで韓流スターの写真やグッズの店がふえたような気がした。もう数十年前とくらべるとではあるが。


駅の南、新大久保駅とJR総武線「大久保」駅に挟まれたあたりは、もうアジア、アラビア、何でもありの多国籍の店が長屋のように肩を寄せ合って集まり、日本語がまず聞こえてこない雑然とした異空間だ。

田園調布や二子玉川のマダムたちは一生涯足を踏み入れないゾーンであろう。もったいない。


日本で暮らすアジアやイスラムやアフリカの人たちにとって大久保は母国を感じることのできる、なつかしく、やさしく、おいしく、ほっとするところなんだろう。

スナックの店で店頭に行列のできている店もある。スパイスのにおいにたじろぐ私には行列ができる理由、どこがどう違うかまずわからないと思う。

 


先月12月の仕事帰りの北千住の商店街ではマスクがひと箱50枚が195円だった。1枚4円。だめもとで試しにひとつ持ち帰ったけれど問題ないようだった。


転売してひともうけしようと企んでいた業者が時機を逸して売り抜けに失敗したことから輸入が遅れたせいだと輸入業者を監禁した事件もあった。監禁投げ売り流出マスクではないかと疑った。


 

 

感染が拡大し、たまりかねた小池知事が総理に働きかけ今週にも「緊急事態宣言」を発出する。

 

カテゴリー
未分類

「日本映画発達史」田中純一郎氏について


昭和50年に新資料をもとに改版された文庫版の著者によるあとがきに次のようなくだりがある。

私が映画の魅力にとりつかれるようになったのは、上京して神田の中学に通う頃で、(略) 私は中学を出たら映画会社に入りたいといった。 私の家の祖父は、一代で産を作った堅人だから、活動の仕事といえば旅興行のテキ屋くらいにしか思っていないので、私の申し出を聞くと激怒して、「活動などはやくざもののやる仕事だ」「お前には魔がついたのだ」といって、学業半ばの私を、日本橋の糸屋に預けた。 私は店の主人が簿記の学校に通わせてくれるのをよいことにして、勉強にかこつけて、よく映画館に回った。映画雑誌にも投書した。(略) 大正8年暮れのスペイン感冒で、私は死ぬような病気をした。そのころから、趣味としてならいいということで、私のわがままも聞いてもらえるようになった。

大正8年暮れのスペイン感冒がこの力作への階段を登らせたのは間違いない。

100年後の今回のコロナ騒ぎの巣ごもり生活が人々に何をもたらすか、生活に変化を与えるか、与えたか。


もうすぐ1年になろうかという感染への対策生活は少なからず私の生活にも影響を与え、よけいなもの、不要なものをとりのぞいた、よりシンプルな暮らしに、毎日にかわった。そんな気がする。

2020/1/4