カテゴリー
未分類

Blue-Ray レコーダーの内蔵HDDの換装

2014年に発売されたブルーレイレコーダーディーガDMR-BRS500は奴隷のような酷使に耐えよく働いてくれてはいるが、こいつを分解して500ギガの8倍の4TBのHDDに換装してしまうことにする。


8年前に一度トライしたもののあと一歩のところで挫折した経験がある。

いったん本体のケースをあけてしまうと今後メーカー保証がいっさい受けられなくなると脅されていたからドライバーで分解するときハラハラドキドキしたのを思い出す。

本体からHDDを取り出す作業は魚の内蔵をとりだす下処理のようでもある。


取り出した500ギガのHDDをコピー機を使って4TBのHDDにまるごとコピーする。

8年前と違いPC不要の丸ごとコピー機でクローンHDDが簡単につくれるようになった。


HDDはウエスタンデジタルのラインナップのうち「監視カメラ用」の「パープル」シリーズを使う。


そして、HDDの内容の書き換えを「HxD」というフリーのバイナリエディタを使っておこなう。

 

HDD内部に記録されている気が遠くなるほど膨大な12進法のデータの文字列のうち500ギガであることを示す

「51CA8C0E」(設定値1)と「51BA800E」(設定値2)の部分合計8か所を検索機能を使ってさがしだし、

4TBの容量を示す

「88D26974」と「88C25D74」にそれぞれ上書きし書き換える。

するとレコーダーが4TBの機器として認識してくれる。

なぁんだ、おまえ「500ぎが」くんかと思っていたけど「4てら」くんだったんか、というわけである。


前回はここまでいったのにHDDを本体に取り付けたとたんいうことをきかなくなり、もとに戻した経緯がある。

整列した延々と続く16進法のバイナリデータの大行進は様式美すら感じる。


武家屋敷が連なる幕末の江戸の景色も日本建築一色の様式美があってさぞ綺麗だったろうと思う。

白い塀と灰色の屋根のツートンカラーの統一美。(フィリックスベアト撮影)

幕末に時計を売りにやってきたスイス人アンベールが膨大なスケッチを残している。

江戸のみならず横浜や京都、江の島などの街並み、よほど好奇心旺盛だったのか風俗に興味を持ち庶民の暮らし、僧侶や神官、食事、日本女性、葬式や拷問、晒し首の様子まで偏見をできるだけ排除しながら克明に記している。

カテゴリー
未分類

「日本映画発達史」田中純一郎著 全五巻をヤフオクで

とんでもない名著だった。

1957年に初版が刊行され、そのうちの1冊が神田神保町をうろつく私の目にとまった。


いまはいい時代になって本屋を探し回らなくともネットオークションでかんたんに手に入る。

昭和51年に文庫版となって中公文庫から出版されたものを全5巻落札したがこれがいま手に入る最後のもの。


急な仕事が入り、つまみ読みしかできなかったけどようやくひと段落で年末年始に腰を据えて読もう。

作品の生まれた時代背景や制作会社の盛衰、制作エピソード、どれも興味深い。

おもわず笑えるのもある。


「大映は永田雅一をはじめ、首脳部に製作出身の者が多いためか、一つ一つの映画作りは慎重に企画されていることは分かるが、営業的にときどき失敗をしている。つまり書き入れどきに大作や話題作が間に合わず、せっかくの興行力を発揮できないことがたびたびある。営業企画と製作企画がうまく合致しないまま、出たとこ勝負で興行するからである。」

これがまさしく「興行」。一発当てる、いちかばちか、大失敗、これぞまさしく映画の醍醐味。




2020.12.25

カテゴリー
未分類

神田神保町古書店街 2020/12/11 

iphone12ProMaxのカメラの広角レンズは使える。これはいい。

ワンタッチで標準、望遠、広角の切り替えができる。iphoneXSMaxではなかった機能。

夜間は赤外線センサーで距離を測定し焦点を合わせる。

安価なデジカメは淘汰される運命かもしれない。


今日は松竹映画100周年「監督至上主義の映画史」を上映中の神保町シアターで大木実、高峰秀子主演の「張り込み」(1958年)を大真面目で鑑賞した。

大木実は東映任侠映画に欠かせない存在で、悪のやくざではなく、「いいやくざさん」側の役が多い。この風貌では悪役はつとまらない。おそらくは生来の品があるのだ。

筋立てはともかく、昭和30年の佐賀が舞台でその街並み、まだ舗装されていない土ぼこりの道、露天の市場の喧噪、東京発長崎行の蒸気機関車の車内の様子や車窓の景色、当時の横浜や、博多駅など戦後の日本の映像記録としての価値は高い。


せっかく神保町にきたのだ、当然にして古書店巡り。

ブックオフはそれはそれでいいのだけど、この底知れぬ古本屋街は定期的にうろつく必要があると思う。

でないと、好きな作家は「司馬遼太郎」、趣味は「映画鑑賞」どまり。


1冊3千円する東洋文庫が500円。マルコポーロの「東方見聞録」を立ち読みしてみる。期待していたジパングの記述が少ないので買う気が失せた。


今日の掘り出し物はこれ。

戦後から昭和31年までの映画史で、作品の解説と製作配給会社の盛衰などが詳説されている貴重な資料。200円

おそらく著者の田中純一郎さんは片っ端から見たんだろう、大真面目に作品を評価している。あたった、あたらなかった、とか映画会社の財務状況に詳しいところをみるとビジネスマンだったのだろうか。


底なし沼の神田神保町に足を踏み入れてしまった。

カテゴリー
未分類

アリババ マーさん

ダイアモンド(2020/12/12)の記事にアリババの上場廃止を巡るいきさつが解説されていた。

中国の国家による、というか習近平による圧力で時価総額31兆円の上場が突如とりやめになった。


このくしゃおじさんのマーさんの経歴が興味深い。

きょうの興味深い記事でした。

peipeipeiさんのコラム」

ダイアモンドによれば、アリババは決済システムからスタートしているけれど消費者金融のような決済資金融資での利益が拡大に貢献している。

やはり、金貸しはもうかるのだ。まして月間利用者7億ともなればその利益は計り知れない。

それを規制する国の旧態依然のやりかたを講演で痛烈に批判したところ、政府が怒った、ということらしい。


経済合理性にとどまらず政治的に気に入らないことがあるとぶんむくれて攻撃する幼児性がいまの中国(の指導部)にはある。

カテゴリー
未分類

NTTの逆襲

ついに山が動いた。

「まだ本気だしていないだけ」だったNTTが動いた。

この社長が中国の清朝末期状態のNTTを本気で改革しようとしている。

澤田純65歳。

記事ではNTTを「日本をデジタル後進国へ導いた張本人」と断罪している。12月12日号


2018年に社長に就任して以来、NTTドコモを子会社化した。

そしてつい最近携帯料金の強烈で画期的なプランをうちだした。

「NTTドコモの新料金プラン『ahamo』は、4Gに加えて、iPhone12シリーズが対応した5Gネットワークが利用可能で、20GBのデータ通信量がずっと2,980円で利用できるのが特徴です。」

iphone-mania.jp

 

手続きはネットのみ。「ahamo」はもともとソフトバンクでいえばYモバイルにあたるNTTドコモのサブブランドとして立ち上げる予定だった。

それを、

新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料で、2年間の定期契約、解約金の設定はありません。

とやっちまった。

キャリアメール(~@docomo.ne.jp)は提供されません。

こんなもん最初からいらん。


このプランの登場で「楽天の携帯電話事業は淘汰される、情報弱者のための中間搾取者である携帯電話ショップのスタッフは転職を考えた方がいい」という意見までもある。

やはり、独裁だろうがなんだろうが経営トップのかじとりと将来を見据えた決断で決まる。

 


KDDIの高橋誠社長が「国に携帯料金を決める権利はない」と反論している姿は半沢直樹を彷彿とさせ、しびれた。

けれども、この先国からの圧力による値下げ要求は不可避との政治判断、そして通信料半減のリスクを織り込みつつ経営判断した、という背景がある。

ダイアモンドの記事はこの巨像の体内を解剖して解説してあって読みごたえがある。

2020/12/9

カテゴリー
未分類

スターがスターだったころの映画

海と山の地方暮らしもいいかなと思う反面、やっぱ東京じゃないとね、と思い直すことも再三。

名作シネマの上映館の多さはそのひとつ。

コロナで遠慮していたが、そうもいってられなくなって、チケットを買い、手をアルコール消毒したあとスタッフに検温器を頭に当てられ、ようやく入場できるシアター。


東京の名画専門のシアターは池袋「新文芸座」、阿佐ヶ谷「ラピュタ」、吉祥寺「UPLINK」、「神保町シアター」、飯田橋「ギンレイホール」、渋谷「シネマベーラ」、銀座「国立映画アーカイブ」、まだまだある。

昭和の日本映画の質の高さ、充実ぶりを物語るものだ。



なにより監督が個性的でこだわりがすごかった。昭和の時代そのものが煮えたぎっていた。


縁のなかった成人映画でさえ芸術的であるといえる作品もあっていまではいとおしく思える。


台湾、韓国映画も評価が高い。


戦前戦中戦後の汗をかきひたむきに生きてきた時代、大人も子供も殺気立って大まじめだった時代の日本人が好きだ。

映画会社の制作路線も時代に翻弄され迷走していくがそれがまたつかみきれない混沌とした時代を切り取っていていい。

団塊の世代の持て余したはちゃめちゃのエネルギーや、わけあって追い詰められ犯罪に手を染める若者や、薄給でありながらも職務に忠実に励む機関車の運転手や警察官、学校の教師、貧しさの底辺でうごめく人たち、労働争議、売られていく娘たち、麻薬と拳銃、暴力、猥雑な飲み屋街、清純な娘のほのかな恋心(いまでは絶滅品種)、裸電球の下のつつましい家族のだんらん、、

今の役者では浅野忠信を評価している。柄本明や香川照之など怪優と呼ばれる役者の層は厚いが彼は希少な正統派の役者。

失敗作「ミッドウェイ」では空母飛龍の名将山口多門艦長を好演していたのが唯一の救いであった。そしてこの「日本独立」でマッカーサーたちと互角にわたりあった白洲次郎を演じることができるのは浅野くらいだろう。明晰でストレート。ぶれず筋を通す男がはまり役かな。

英語が上手いと思ったがクオーターでおじいさんが北欧系のアメリカ人だったからか。


仲里依紗とのバカップルぶりが報道されてはいるがそんな雑音はどうでもいいだろう。名優の身辺は騒がしいものだから。