道の駅「耶馬トピア」大分 中津市ー95 2021/9/18

道の駅「耶馬トピア」の名物は蕎麦とからあげ。

国道10号線をなんど走ったことだろう。

そのたびに素通りしてきた耶馬渓。なぜ一度も寄らなかったのだろう。江戸中期にお坊さんが危険な道から通行人を救うためノミと槌で掘った洞門がある。このあたりには3カ所道の駅がある。

コロナの影響だろうか。これで100円では生産者はうかばれない。

宇佐市院内にある「石橋の里」道の駅「いんない」

工事現場で発見された巨大な「さんしょううお」のはく製がある。愛嬌のあるごつごつの顔にともだちを思いだした。

安心院は「あじむ」と読む。ゆずとすっぽんとワインの里。

「いんない」から「耶馬トピア」に向かう山道は日本の棚田の原風景がひろがる。一年のうちでいちばん美しいだろう稲刈り前のこの時期は輝く緑のカーペット。

みどりが目にしみる。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

作成者: user

還暦を迎えてますます円熟味を増す、気ままわがまま、ききわけのないおやじ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です