藤枝SA 道の駅ー96

東海道の宿場町を前面におしだし他のSAとの違いを強調する作戦にでている。
その割にはおもしろみに欠ける。
評価したいのは中央通路をはさんで乗用車と貨物車のスペースがはっきりと分けられていることで車中泊族にはありがたい。そもそも駐車場では体格の違いから両者は同居できないのだ。

北九州を深夜1時前に出発して、午前10時半に着いてしまった。このまま東京まで走ってしまうか迷う。

余裕をもって安全運転のためにここでステイすることにしたのはいいが、お昼前から寝る、というのも眠くもないし違和感ありすぎ。映画を数本見て夕方になるのを待つ。「憲兵と幽霊」という天知茂扮する憲兵中尉が心を寄せる女性をわがものにするためにその女性を妻に迎えた部下を謀殺するという、いやらしく後味の悪い1958年の映画で目のすわった天知茂の冷酷非情なニヒルな演技が不気味さを際立たせる。

新東宝が得意とするグロテスクもののひとつ。

  2021/9/21

投稿日:
カテゴリー: 未分類

作成者: user

還暦を迎えてますます円熟味を増す、気ままわがまま、ききわけのないおやじ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です