カテゴリー
未分類

神田神保町古書店街 2020/12/11 

iphone12ProMaxのカメラの広角レンズは使える。これはいい。

ワンタッチで標準、望遠、広角の切り替えができる。iphoneXSMaxではなかった機能。

夜間は赤外線センサーで距離を測定し焦点を合わせる。

安価なデジカメは淘汰される運命かもしれない。


今日は松竹映画100周年「監督至上主義の映画史」を上映中の神保町シアターで大木実、高峰秀子主演の「張り込み」(1958年)を大真面目で鑑賞した。

大木実は東映任侠映画に欠かせない存在で、悪のやくざではなく、「いいやくざさん」側の役が多い。この風貌では悪役はつとまらない。おそらくは生来の品があるのだ。

筋立てはともかく、昭和30年の佐賀が舞台でその街並み、まだ舗装されていない土ぼこりの道、露天の市場の喧噪、東京発長崎行の蒸気機関車の車内の様子や車窓の景色、当時の横浜や、博多駅など戦後の日本の映像記録としての価値は高い。


せっかく神保町にきたのだ、当然にして古書店巡り。

ブックオフはそれはそれでいいのだけど、この底知れぬ古本屋街は定期的にうろつく必要があると思う。

でないと、好きな作家は「司馬遼太郎」、趣味は「映画鑑賞」どまり。


1冊3千円する東洋文庫が500円。マルコポーロの「東方見聞録」を立ち読みしてみる。期待していたジパングの記述が少ないので買う気が失せた。


今日の掘り出し物はこれ。

戦後から昭和31年までの映画史で、作品の解説と製作配給会社の盛衰などが詳説されている貴重な資料。200円

おそらく著者の田中純一郎さんは片っ端から見たんだろう、大真面目に作品を評価している。あたった、あたらなかった、とか映画会社の財務状況に詳しいところをみるとビジネスマンだったのだろうか。


底なし沼の神田神保町に足を踏み入れてしまった。

カテゴリー
未分類

アリババ マーさん

ダイアモンド(2020/12/12)の記事にアリババの上場廃止を巡るいきさつが解説されていた。

中国の国家による、というか習近平による圧力で時価総額31兆円の上場が突如とりやめになった。


このくしゃおじさんのマーさんの経歴が興味深い。

きょうの興味深い記事でした。

peipeipeiさんのコラム」

ダイアモンドによれば、アリババは決済システムからスタートしているけれど消費者金融のような決済資金融資での利益が拡大に貢献している。

やはり、金貸しはもうかるのだ。まして月間利用者7億ともなればその利益は計り知れない。

それを規制する国の旧態依然のやりかたを講演で痛烈に批判したところ、政府が怒った、ということらしい。


経済合理性にとどまらず政治的に気に入らないことがあるとぶんむくれて攻撃する幼児性がいまの中国(の指導部)にはある。

カテゴリー
未分類

NTTの逆襲

ついに山が動いた。

「まだ本気だしていないだけ」だったNTTが動いた。

この社長が中国の清朝末期状態のNTTを本気で改革しようとしている。

澤田純65歳。

記事ではNTTを「日本をデジタル後進国へ導いた張本人」と断罪している。12月12日号


2018年に社長に就任して以来、NTTドコモを子会社化した。

そしてつい最近携帯料金の強烈で画期的なプランをうちだした。

「NTTドコモの新料金プラン『ahamo』は、4Gに加えて、iPhone12シリーズが対応した5Gネットワークが利用可能で、20GBのデータ通信量がずっと2,980円で利用できるのが特徴です。」

iphone-mania.jp

 

手続きはネットのみ。「ahamo」はもともとソフトバンクでいえばYモバイルにあたるNTTドコモのサブブランドとして立ち上げる予定だった。

それを、

新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料で、2年間の定期契約、解約金の設定はありません。

とやっちまった。

キャリアメール(~@docomo.ne.jp)は提供されません。

こんなもん最初からいらん。


このプランの登場で「楽天の携帯電話事業は淘汰される、情報弱者のための中間搾取者である携帯電話ショップのスタッフは転職を考えた方がいい」という意見までもある。

やはり、独裁だろうがなんだろうが経営トップのかじとりと将来を見据えた決断で決まる。

 


KDDIの高橋誠社長が「国に携帯料金を決める権利はない」と反論している姿は半沢直樹を彷彿とさせ、しびれた。

けれども、この先国からの圧力による値下げ要求は不可避との政治判断、そして通信料半減のリスクを織り込みつつ経営判断した、という背景がある。

ダイアモンドの記事はこの巨像の体内を解剖して解説してあって読みごたえがある。

2020/12/9

カテゴリー
未分類

スターがスターだったころの映画

海と山の地方暮らしもいいかなと思う反面、やっぱ東京じゃないとね、と思い直すことも再三。

名作シネマの上映館の多さはそのひとつ。

コロナで遠慮していたが、そうもいってられなくなって、チケットを買い、手をアルコール消毒したあとスタッフに検温器を頭に当てられ、ようやく入場できるシアター。


東京の名画専門のシアターは池袋「新文芸座」、阿佐ヶ谷「ラピュタ」、吉祥寺「UPLINK」、「神保町シアター」、飯田橋「ギンレイホール」、渋谷「シネマベーラ」、銀座「国立映画アーカイブ」、まだまだある。

昭和の日本映画の質の高さ、充実ぶりを物語るものだ。



なにより監督が個性的でこだわりがすごかった。昭和の時代そのものが煮えたぎっていた。


縁のなかった成人映画でさえ芸術的であるといえる作品もあっていまではいとおしく思える。


台湾、韓国映画も評価が高い。


戦前戦中戦後の汗をかきひたむきに生きてきた時代、大人も子供も殺気立って大まじめだった時代の日本人が好きだ。

映画会社の制作路線も時代に翻弄され迷走していくがそれがまたつかみきれない混沌とした時代を切り取っていていい。

団塊の世代の持て余したはちゃめちゃのエネルギーや、わけあって追い詰められ犯罪に手を染める若者や、薄給でありながらも職務に忠実に励む機関車の運転手や警察官、学校の教師、貧しさの底辺でうごめく人たち、労働争議、売られていく娘たち、麻薬と拳銃、暴力、猥雑な飲み屋街、清純な娘のほのかな恋心(いまでは絶滅品種)、裸電球の下のつつましい家族のだんらん、、

今の役者では浅野忠信を評価している。柄本明や香川照之など怪優と呼ばれる役者の層は厚いが彼は希少な正統派の役者。

失敗作「ミッドウェイ」では空母飛龍の名将山口多門艦長を好演していたのが唯一の救いであった。そしてこの「日本独立」でマッカーサーたちと互角にわたりあった白洲次郎を演じることができるのは浅野くらいだろう。明晰でストレート。ぶれず筋を通す男がはまり役かな。

英語が上手いと思ったがクオーターでおじいさんが北欧系のアメリカ人だったからか。


仲里依紗とのバカップルぶりが報道されてはいるがそんな雑音はどうでもいいだろう。名優の身辺は騒がしいものだから。

カテゴリー
未分類

Amazing!

 


夜空のムコウ

Yokohama Tokyo Night Walk

カテゴリー
未分類

「日本史」講義 出口治明著

週刊文春に連載されている「0から学ぶ日本史講義」の大ファンである。

特に江戸から現代につながる時代を毎週楽しみにしている。

消化がいい。原因があって事件が起きて、なるほどそうつながるのかとすとんと落ちる。

教科書が省いた、省かざるを得なかった、また省いてしまおうとした事実に触れている。


Dマガジンで読んでおり、発売(アップ)されるといちいち画面をスクリーンショットで撮って、ごていねいにプリントまでしてファイルしている。

そこまでやるのは松田優作の奥さん松田美智子さんが綴った回想録「越境者松田優作」くらいだ。

スプリングセンテンスはそのほかの記事も読みごたえがあって、週刊新潮とともに政権に対する野党の追及よりも強烈なインパクトがある。


出口さんは佐藤優さんとともに現代の知の巨人であると思っている。

歴史は横軸である国内外の出来事が交錯して重なり混ざり合って相互に影響を与え化けながら縦軸となって展開していく。

ひとつの出来事が起こる原因と、きっかけ、そしてそれが何を引き起こすことになるのか、そして実際どう事件として起こったかをからみあった糸にして紡いでいくことに重きをおいて述べられている。


いずれ単行本となるのはわかっていてもせっせとファイリングしてきた。

でました、ようやく。

「ぼくの個人的な意見や解釈はまったくといっていいほどはいっていません。」と出口さんは冒頭のべられています。

結論ありきの、話をこっちにもっていこうというのではなく「事実に歴史を語らせる」という手法です。


そしてこの著書で「江戸時代は日本史上では最低の時代ではないかという問題提起を行っています」と聞き捨てならないことをおっしゃってます。

このシリーズの連載に気が付いたのは途中からで、実は「0から」この本をひもとくことになります。

2020/11/23

カテゴリー
未分類

東京シティーガイドクラブ研修再開 2020.11

とはいえ、このコロナ対策で通常数十人規模での開催のところ5人限定のミニミニ研修会となった。

今回巡るのは文京区小石川、茗荷谷エリア。

「武家地の面影を辿る」


ガイドリーダーの里見さんは昭和17年の下町生まれで「ひ」が「し」になってしまう江戸っ子でいながら威勢のよさは内に秘めたおだやかで謙虚な紳士である。

研修後、この方のように年を重ねたい、と思った。知的で紳士で連れ添った奥さまはさぞ幸せだろうなと。


地下鉄丸ノ内線の茗荷谷は池袋と後楽園のあいだの地味な駅でこれまでいちども降りたことのない駅で、この先降りることも降りるつもりもない駅でもあった。

大東京には40年外回りで都内各所を歩きまわったおいらであってもこんなうずもれた無縁駅は束にして掃いて捨てるほどある。

茗荷谷は駅を降りたとたん坂ばかりの武家屋敷跡とお寺だらけのまちだった。


2時間半のコースは徳川家関係の屋敷跡、かかわりの深いお寺を主にめぐる。

見ての通り古地図では白地(武家地)、赤枠(寺社)ばかりでグレイ(町民)は少ない。

いまでは跡地に拓殖大学などの学校が集まり、都心とは思えない閑静な住宅街となっている。

左の大きなお寺が浄土宗の伝通院で徳川家康のお母様の墓がある。

一般的には「でんつういん」と呼ばれているが「でんういん」がただしい。

このあたりの町名の小日向も「こひなた」と読むが江戸古典落語などでは「おびなた」とあり、江戸っ子が「こなた」となまらないようにとか諸説あるとのことだった。


禅寺深光寺の「しばられ地蔵」。

寺社奉行が町人たちの不満解消に地蔵を縛り、願いが叶ったらほどくようにしむけた、という。

本堂での座禅会が外国人に大人気らしい。


あちこちに文京区教育委員会による説明板がある。


切支丹屋敷跡もある。

あのスコセッシの映画「沈黙」でイッセー緒方が演じる宗門改役井上筑後守の屋敷で、「転んだ」(棄教した)バテレンを収容した牢屋と長屋。

新井白石がバテレンの知識を吸収するために宣教師シドッチを尋問したのもここでのことである。


太宰治の処女作「晩年」のなかの「地球図」でその様子が描かれており、そのシドッチは牢屋の看守夫婦に法を授けたことで獄舎につながれ牢死する。

折檻されながらも日夜、長助、はるの名を呼びその信を固くして死ぬるとも志を変えるでない、と大きな声で叫んでいた」とある。

それが唯一逆に私からガイドリーダーの里見さんにお伝えできた話である。

太宰治 地球図


 

平成26年跡地のマンション建設のさい、3体の遺骨が発掘され一体はシドッチのものと確認されている。


 


徳川慶喜終焉の地、永井荷風の生育地、三井財閥の本宅、善光寺月参堂、源覚寺こんにゃくえんま、で後楽園駅で解散となった。


こんにゃくえんまのお供え物はもちろん蒟蒻で(目の悪いおばあさんが眼病平癒のお礼に蒟蒻をお供えした)

お寺の関係者のおばさまが山積みになった蒟蒻をひとつひとつ手にして裏返していた。

「賞味期限」をチェックしていた、と踏んだ。

それにしてもそんなたくさん蒟蒻もってこられてどうするんだろうか。おでん屋にでもおろすのかなと思ってしまった。


本部の指示で研修後の飲み会も自粛。

定年後の職場以外の人との出会いはとてもうれしく楽しいものだ。自分が選んだコースの道すがらの出会いである。

善光寺月参堂の伏見稲荷風の鳥居はいかにも外国人受けしそう。

2020.11.20

カテゴリー
未分類

Go to Matsue

羽田から都心を通過する新ルートで我が家の上空をかすめ出雲空港に向かう。

離陸後ほどなく3千メートル級の山々が連なる南アルプスの景色が眼下に広がる。八ヶ岳上空。

ボーイング747、座席数は400以上の機材で飛ぶ。

乗客は2割ほどの超ゆったり、超ソーシャルディスタンス、JAL大赤字転落まちがいなし便。

本来なら札幌や福岡に使う大型機材だがメンテナンスの関係でどこそこ関係なく定期的に飛ばしておかないといけないのだろう。

出雲空港の短い滑走路に着陸できるだろうかと不安になる。


そして大山、中海としだいに降下し私の生誕の地の遊覧飛行までしてくれる。

窓を開け身を乗り出し、食い入るようにながめる。


江戸時代にいちばん近い町。武家屋敷と神社とお寺、そして湖水と夕日のまち。静かで質素で簡素な暮らしの中で四季の風情やお茶をたのしむ。

雑踏や争いごとや大きな声が日本でいちばん似合わない偉大な僻地。

神社ではみな深々と礼をして境内に入る。

幼いころ、水郷際の花火大会とならび、この売布神社での夏祭りが楽しみだった。

露店が参道の両脇にぎっしり並んで妹たち浴衣着てひらひらした金魚のような子供たちがうじゃうじゃいて、わたあめや金魚すくいやお面やら、お化け屋敷やら輪投げなんかの店が裸電球に照らされて興奮したわたしたちとともにきらきら輝いていたあのころ。

暗闇にうかぶ真夏のワンダーランド。境内がディズニーランドだったのだ。


宍道湖の朝の風物詩はいまでもしじみとりの小舟で鋤簾と(じょれん)と呼ばれる道具で湖底を掬う。


遊郭跡を旅館や料理屋にしている。わたしの生誕の地にほど近いがおいらは遊郭生まれではない。

なにもかもがまずはお茶とお茶菓子にはじまる町。

 


レンタカーを借りて、用事を終えた後、島根半島北海岸をドライブしてみる。対面通行ができない断崖絶壁道路も健在でスリリングだ。

泳ぎを覚えた海岸はあの時のままで美しい。

自然も人も壊した島根原発だけは許せない。当時の地元選出の通産大臣と中国電力の社長の兄弟のしわざだ。

なんちゃらセンターだのがいくつもこの過疎のまちに原発予算で造られているが、いまはがらんどうの朽ちた廃墟のようになっている。つくった時からわかりそうなもんだがそれが政治の産物遺産というものだ。


境港はズワイガニ漁が解禁されたばかり。

魚市場の海産物センターは全部とは言わないがお土産屋とかわりなく、観光客用の、地元の人が敬遠する値段設定となっている。

さすが境港の超大型スーパーの鮮魚コーナーではゆでたてで湯気もうもうの真っ赤になったかにを格安で売っている。ゆであがるとおじさんがトレイで運んでくるのだ。

みたところ半額から三分の一程度の値段。生ゆでのカニのおいしさといったらない。


最近のレンタカーはハイブリッドなんだね。

そして、走行中センターライン超えると「はみだしとるぞ」と警告する機能までついている。

さらに追い越そうとする車がくるとドアミラーがオレンジ色に点滅する。

これには驚いた半面、いちいちうるさい、わかっとるわいと舌打ちした。こんなもんにたよらにゃいかんようになったら乗るな、って。

車のメーカーもパナソニックのように「よけいなちまちました機能」に走ってる。手詰まりに見える。ほかに全集中でやることがあるだろうと思う。


田んぼ道をのろのろ走るホンダNボックスをせっちんしてあおろうとすると「危険運転です」とナビが小池百合子の鬼滅声にかわってアラート叫びする。

わたしも「回答は差し控えさせてもらう」と半開き目の菅総理大臣のお通夜声で切り返す。


マスク外すと外したでホロスコープでコロナの女王岡田教授が運転席に狩野探幽の水にぬれた亡霊乱れ髪姿で目の前にあらわれる。

Go to キャンペーンの地域振興券電子マネーの残高をパネルに表示するわ、出雲歴史博物館にいって銅鐸や銅矛を見て来いとナビが命令するわ、いやはやこれから車はどうなっていくのやら。

2020/11/16

 

 

カテゴリー
未分類

iPhone12ProWEBで発注したぞ!

深海魚のような不気味なかがやきのこいつにした。

そんかし、今回の機種変ではいろんなことを自分でやらんといかん。

もう、悪魔ショップの魔女たち🧙‍♀️と決別することにした。


2年間のiPhone XSの画像やビデオを自分でバックアップする。

まずは最重要タスクである写真と動画の7,000近いデータのバックアップ。

iCloudだの、Googleフォトだののアプリでやれるわけがない。トライしたが気が遠くなるほどの転送スピード。

そこで、外付けUSBの登場。

2年間使ってみてアプリを含めiPhoneのための最強なツールであると断言する。


30ギガからのデータの引っ越しと保存。

idiskkでさっさとやってしまった。

これは魔女に知らぬ間に買わされてたやつ。かっこ^_^笑

あとはLINEやアプリの復元やらこれからまだまだ全集中でやることがある。

iPhone12の到着が楽しみ。


友人が最近リリースされたジョンレノンの2枚組のアルバムを送ってきてくれた。

生誕80年記念のアルバム。


いいバンドは素人の奴らが起こす化学反応だと思っている。

近所の悪ガキたちが化ける。

音楽学校からは生まれない。

ひとり、神がかったやつがいて、まわりのやつらが引っ張られる。

だいたいそう。


でも、ビートルズは神が2人いた。

ジョンは大日如来だと思う。

不良の魂。

バッハのジョンにモーツァルトのポールが出会った、と思っている。

ゼウスとアポロン。

魂とメロディーの神。

それにおちゃめなリンゴとスマートなジョージがスパイスを効かせる。

観音様や菩薩のように。


ジョンがオノヨーコと結婚してしまったとき、

白人の娘たち同様、ひどくがっかりした。

ビートルズには6年生のときにハマって以来、自分は松江生まれではなくリバプール生まれの英国人よっちゃんになっていた。


なんでよりによって妖怪みたいな東洋人のおばさんとなんかとくっついたんだろう。

Yokoは史上最低といわれる聞くに堪えないジャイアンのリサイタルふうのライブもやっている。

まだ、妖怪人間みたいなメラニア夫人のほうがよかったのではないか。トランプに「敗北を認めるように説得している」と知り、見方がかわった。


ジョージの奥さんはきれいだった。

ぼくも大きくなったらジョージみたいにイギリスの娘と結婚すると決めていた。


ちょうどそのころ流行っていた「小さな恋のメロディー」のたれ目のトレーシーハイドくらいがちょうどいいのではないかと思っていた。

お似合いではないかと内心思っていて、定期入れに写真をしのばせいっしょに高校に通学していた。


それがトレーシーハイドとは真逆の、東洋の島国のあらぬ方向へとむかってしまったがあとの祭りだ。

日本の女性はもてるらしいが所作を含め、背が低く短足がにまた、のっぺり顔の日本の男のもてかたは世界的には最低ランクらしいのだ。悔やんでも悔やみきれない。


 

あの極東の島国の魔女に魂を奪われ、ジョンは頭がおかしくなったんかとぜつぼーした。

その後の二人はやることなすことクレージーだった。

いまでもそう思っている。

その後のビートルズはもう私のビートルズとは別なバンドになった。ジョンがヨーコに出会う以前と以後、でわけている。


ただ、「Oh Yoko」を聴くたびに、80歳のレノンさん、いい人と出会えてよかったね、思えば一生出会えない人がほとんどだからね、といまではしみじみ思える。


ヨーコ以前では歌詞も,

好いた惚れた、手を握りたいんだ、彼女はあいつが好きなんだ、彼女があそこで立っているのを見た、一週間に8日愛している、とかいっけんどうでもいいような歌詞が大半だったが、ヨーコ以後になるとジョンの詩は余計なお飾りを取り払ったシンプルでピュアなものに蒸留され昇華され、ことばそのものが持つ魔法を紡ぐようなものとなっていった。


このCDを送ってくれた友人はヨーコ後の曲の信奉者(新訳イマジン派)で、ヨーコ以前の信者(リバプール旧約原理主義者)である筆者とよく真っ向から対立し宗教戦争の様相を呈していた。


CDを送りつけてきた理由は「お前もそろそろ分別がついてありがたみのわかる歳になったろ?そう意地はらんでもいちどじっくり聞いてみ」ということに違いない。

In the middle of the night
In the middle of the night I call your name
Oh Yoko, oh Yoko, my love will turn you on
In the middle of the bath
In the middle of the bath I call your name
Oh Yoko, oh Yoko, my love will turn you on
My love will turn you on

In the middle of a shave
In the middle of a shave I call your name
Oh Yoko, oh Yoko, my love will turn you on

In the middle of a dream
In the middle of a dream I call your name
Oh Yoko, oh Yoko, my love will turn you on
My love will turn you on

In the middle of a cloud
In the middle of a cloud I call your name
Oh Yoko, oh Yoko, my love will turn you on
Oh Yoko, oh Yoko, oh Yoko, oh Yoko

2020/11/13

 

カテゴリー
未分類

総理大臣とは

学者でないと総理大臣にふさわしくないというつもりはない。

国民に対する責任感やこころざし、知性に裏打ちされた国家観とこの国のリーダーとしてのかじ取りの決意があればいいと思っている。


学術会議問題で蓮舫に追及される国会中継をみた。

答弁に詰まりうつろな目でおろおろ立ち往生する日本国の総理大臣の情けない姿が貧相なだけにあわれに映った。

総理を蓮舫が病院送りにするのではないかと心配になった。


あの6人は政府を公然と批判した輩だから任命から外した、それがなぜ悪い、となぜいえなかった。


それをあれこれ支離滅裂な理由をつけて乗り切ろうとするから助けを求め差し紙を読むだけの係長みたいなことになる。

菅さんはあのめちゃくちゃな政権を支えるためによくやってきた一見やさしげなおじさんだ。


総理大臣については菅さんがどうこうということより、ほかにリーダーとして、総理としてふさわしい人はいないのか、いるだろうに、いるはずだろう、という思いが先に立つ。

菅さんはマキアベリの「君主論」が好きだ、といっているらしい。

難解な本でとても読んだとは思えない。

あの、本を読まないであろう学術とは縁のない麻生さんが今回の学術会議の菅さんの対応にいつものごとく自分を棚に上げて「菅のお里が知れた」といっている。


あのイタリアの独裁者ムッソリーニはあれでとんでもない文化人であった。フランスの大統領にはまず詩人であったり文学的文化的な資質が求められる。でないと国民が許さない。

日本の総理に学術への造詣やリスペクトを求めるほうが間違いなのだろうか。

自信なさげで物憂い、日本の閉塞感を象徴しているともいえる、ぼそぼそお通夜でお悔やみをいっているような人が日本の首相として世界のリーダーたちと堂々と対峙し、渡り合っていけるのだろうか。


アメリカはまともな人が大統領になった。

わたしの驚きは大接戦となって暴君トランプが7000万票を得たことにあって、アメリカが深刻に病んでいることを再認識した。

バイデンさんに投票したのではなくトランプにノーの意思表示するための選挙であったという一面があったのだろうと思う。

あの知性と明るさを兼ね備えたハリス副大統領をもつことになったアメリカの民主主義に祝意を伝えたい。

2020/11/10