2017年1月18日

蓋井島(futaoijima) 下関

 

蓋井島(ふたおいじま)

神功皇后の三韓征伐(369年)のさい、舞台となった島らしい。

山口県のサイトによればその名の由来は「神功皇后がこの島に立ち寄ったときに、この島の水をほめ、その後はふたでおおったため」とある。

日本武尊→仲哀天皇(神功皇后)→応神天皇→仁徳天皇、と続く。

この島が気になってしかたない。

 

蓋井島  2017.1.15

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です