2017年5月27日

若松・The ゑびす市場


若戸大橋の下に昭和の歴史遺産・「市場」がある。車社会の進展とスーパーマーケットの隆盛でかつての賑わいはなくなり、多くは閉店しており、八百屋、鮮魚店など数店が営業しているのみである。


少し歩くと、老舗の餃子専門店「鉄なべ餃子」がある。一口サイズの、店内のお客の目の前で皮から作るこだわりで、野菜中心の具を包んですき焼き鍋のような鉄鍋で焼き上げ、鍋ごとカウンター席に運ばれる。

嬉しいことにビールは大瓶で麒麟かアサヒの銘柄指定ができる。

熱々です。あたりまえですが。カウンターのみです。テーブル席にして鍋ごと持ち歩いていたら、やけど必死です。これで2人前。一人前400円。ビールとの相性は抜群で、餃子がビールを呼び、ビールが餃子を求める、相思相愛の仲です。


市場のそばの食堂。安い!近くには大盛り、どか盛り弁当の人気店、鳥の唐揚げ専門店など、地元に愛される店があちこちにあるのでコンビニも出店をあきらめるのではと思った。2017.5.26

Comments

1 thought on “若松・The ゑびす市場

  1. 若松の街は写真を見ただけで胸がキュンとします。
    懐かしいけど泣きたくなるような…

    小さい頃は黒崎よりも若松に行くことが多かったと思います。
    母が入院していた市立病院。姉が通っていた歯列矯正歯科。父に連れられて行ったおえべっさん。母と行った丸柏、市場。
    思い出があり過ぎて物悲しくなります。
    行きたいけれど今まで行けなかった。
    私も足を運んでみましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です