2019年11月6日

カンタベリーオブニュージーランド

ついこないだまで暑い暑いと騒いでいたのに、この高地では車中泊はエアヒーターがないと凍えるようになった。


近くにある八ヶ岳のアウトレットはあまりにこじんまりしすぎで、最初から買う気満々ではなく、もし掘り出し物がなければ買わなくてもいいし、眺めてみるか程度のやる気のないスタンスでいくことにしている。

ひとまわりしてざっと眺める。ひとまわりといってもご近所を散歩するくらいの広さで、あっけなさすぎ。


カンタベリーオブニュージーランドのショップが好みで、ラグビーワールドカップでは選手たちのユニフォームに採用されていてそのロゴマークを世界中の人たちが目にしていたはず。

ここには大きなサイズが揃っていて、ユニクロやイオンなどではお目にかかれない4L、5Lもある。


義理の弟、といっても同い年だけど、彼は180センチ以上もある合気道4段の猛者でサイズは4L。野獣なみの体格で妹も日常生活では大変だろうと同情し、

自宅二階のトイレで心臓発作で倒れたときに、やってきた2人の救急隊員があまりの重さに音をあげて、

「すみませんが、自分で階段を歩いておりてもらえませんか」と心臓発作の患者におねがいしたという伝説をもつ。


野獣どころか忙しいのにいつもニコニコして、妹と一緒に母の面倒を見てくれている。

なんと大分大会のオープニングセレモニーでオールブラックスの2メートルはあろうかというパトリックとツーショットしていた。

不思議なものでいい人間が大分に1人でもいると大分の人がみないい人たちに思える。


大分では優勝できなかったのは別府杉の井パレスに滞在し、温泉とバイキング三昧、ラクテンチのジェットコースターに乗ったり、高原ゴルフを楽しんだりでくつろぎすぎたのではともっぱらのうわさだ。

おもてなしもほどほどにしたい。

日頃の介護のお礼に、そして今回の大会の記念にカンタベリーの4Lのラガーシャツを2枚プレゼントすることにした。

いい買い物ができてしんみり嬉しい。

持つとずっしり柔道着のように重い、、、

2019/11/5

勝沼の「蒼龍ワイン」の地下ワインセラー

新酒を仕入れて帰ります。今年の出来はどうでしょう。



いちばんのおすすめはこれ!

1700円。

ふくよかで芳醇で上品な甘さで私が手にすることができる価格帯のワインの中では最高の出来。フランスやスペインのワインに負けない勝沼の誇る名酒。新酒!

 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です