2020年2月9日

東映映画専門チャンネル


東映映画専門チャンネルに契約してかれこれ8年くらいになるだろうか。

録りだめた映画は数え切れず。東映側も心得たもので手の内をすべて一挙にみせることをせず、お宝映像を小出しにする。

高倉健さんが出演している映画をすべて集めようとしているが、いまだ放映されずコレクションに加えられない作品があと30本近くある。「高倉健特集すべて見せます」をやれば解決するところ、それをやっちまうとわたしが契約をやめることを知ってか知らずか特集を組まない。

でもいい、それで鶴田浩二や藤純子、菅原文太、梅宮辰夫、池部良、佐久間良子さんたちとスクリーンで共演できるのだから。私は目立たないようにどの作品にもエキストラとして隅っこを歩いているて、主役やいい親分の見方になっている。



このたび、「東映チャンネル同好会」を結成した。法律上は「人格なき社団」で「仁義なき戦い」と重なるため「仁義なき東映映画専門チャンネル同好会」といってもよい。

設立発起人は2名。理事長は職場の同僚でもともと映画好きが昂じ映画の世界で生きようとしていた。俳優としてではなくメガホンを振り回していたものの、志半ばで娑婆の世界で暮らすことに軌道修正した。

わたしも税理士になると商学部に席を置いていたものの簿記に嫌気がさして「簿記論」の試験で一級を持っていた同級生を言いくるめて替玉受験させた悪玉学生だった。そして実務に役立つ大衆娯楽路線から外れ、文芸、哲学路線に転向し、特高警察にマークされながら商学部とは縁もゆかりもないニヒルな無頼派となっていった。そしてあるとき自意識過剰のばかもんはフツーしょうもないわかもんとして我に返り、初志を目指すことになり、「メガホン」と出会った。


お互いの退職を機に映画を語り合おうということになり、血圧がどうした、糖尿病がどうした、孫が滑った転んだだのどうでもいい話題はさておき映画一色で感想を語り合ったりしている。

彼は東映東京撮影所隣接の野村プラウドマンションに転居したほどだから、T-ジョイシネマには風呂上りにTシャツサンダル履きでいける。彼の引き出しの多さ、見識の高さにはとうてい及ばず彼とおなじ土俵には上がれないものの熱い思いはほとばしる。

スターがスターだった時代の映画が好きだ。スターに憧れ、とろんとした目で美しい女優さんを見つめた。

悪役は顔立ちからして悪役らしくやることがえげつなくずるい。まちで歩いているとき石を投げられたなら一級一流の悪役であろう。

松竹映画の文芸歴史ものの芸術作品路線と違い、東映は大衆娯楽路線をひた走り、疲れた工員さんたちを笑わせ、手に汗を握らせ、義侠心を鼓舞し、仕事の疲れを吹き飛ばした。

ほんもののやくざが演じているとあって真に迫る迫力ある仕上がりとなっている。


東映は時代劇をベースに任侠物から次第にエログロナンセンスなど迷走を繰り返し実録路線へと突き進むわけだが、作品がある時は時代に乗り、またある時は時代から見放され、その観客が求める娯楽の潮目が変わっていくのを読みながらの軌道修正の繰り返しであったことが東映の作品群を昭和の貴重な時代のアーカイブとしている。

喫茶店のクリームソーダ、おでんの屋台、まちの中華料理屋、路面電車の轟音、入り乱れてのけんか、丸の内のオフィス街、娼婦街、世田谷のお屋敷とお手伝いさん、賭場、、、

映像はまさに「吉田やくざの昭和放浪記」でやくざやワルが日本の昭和という時代の風俗や暮らしを記録したものだ。



この11日間「稼ぎ」のため働きづめだった。ひたすら電話相談センターでしゃべりづめだった。

「認知症ではないかと思われるじさまたちの相談が」がいちばんこたえた。何度ていねいに大きな声でゆっくり説明してもわかってもらえず、安倍首相の「こわれたテープレコーダー作戦」のように質問を繰り返された。説明を終えて電話を切ろうとするその瞬間にまた同じ質問されるもんだから、「だーかーらぁー」といいたくなるのをこらえ、また説明をする。

まわりにも認知症でもないのにこんな要領を得ないしゃべくりをする人もいるにはいるがおいらももうすぐこうなるんかいと怖くなった。


後半かぜひいて、休もうかと思ったこともあったが、そんたびに「健さんだったらどうするだろうか」と腕組みし「現職のサラリーマンだったら休んだかもしれないが仕事をひき受けた(請負人)以上人様に迷惑かけずにやりとげるのが男の道」と早朝の氷点下の東京の川沿いの道を健さんとともに傘を差しながら道ゆきのシーンで駅に向かったのだった。

大御所若山富三郎くらいになると銃弾を何発も浴びていながらなお敵のやくざを3、4人斬り殺すくらいだから、微熱ぐらいでじたばたしちゃいけねぇ!

2020/2/9

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です