「ぴぇーん」解消の切り札

このままだと今年リリースのWindows11の無料アップデートができんとぴぇーんだぱぉーんだと泣いてばかりもいられない。

途方に暮れていてもはじまらない。

「日経PC21・9月号」さんのおススメに従い、Windows11に向けて飛び出そう。

インテル NUC 第 11 世代 Core プロセッサー・ファミリー搭載 NUC キット「NUC11PAHi7」

この7万円のキットにはあこがれだった、手の届かなかったCorei7が搭載されており、

なんとぼく史上初の16G(8Gx2)のメモリー組み込みが可能となった。これまでは8G2枚つけても性能は8Gどまりで意味がなかった。

そして高速ストレージM.2SSD500GBをつければ向かうところ敵なし。


Microsoftの新型ノート、SurfacePro7との性能比較でそれを上回る処理速度となっている。

モンハンやりたいわけでもなく、ゲーミングPCに興味はないけど、新鋭機に弱い。ゼロ戦の後継機「烈風」が実戦に投入されたような高揚感。操縦して無観客の国立競技場の上空を飛んでみたいと思う。そして、不要不急銀ブラしているバッハ(「小川」さん)におしっこをかけてやりたかった。

洗練された美しさ。

このサイトに脱帽。サイト自ら「オタク」と認めている。重症の正真正銘のオタクです。ここまでやるなら帽子でもパンツでも脱ぎます。好きなようにしてください。

海軍 零式艦上戦闘機 塗装図 (gahoh.net)

なによりコンパクトな手のひらサイズで軽量。モニターの下にちょこっと置ける小さなソフトバンクではなく巨人。OSやあれこれ組み込んでしめて11万円ほどとなる。もちろんモニターはいまあるものを使用する。

公用車でライザップのゴルフ教室に通うわけでもなく、菅さんや二階さんと銀座でステーキを楽しむわけでもなく、金メダルを噛みたくても噛めず、歌もへたでカラオケもいかず、痛風に怯えつついつもTシャツにクロックス履き、頭はぼさぼさ、旅に出ても宿には泊まらず、無料の水を汲み、値引き品をさがしてスーパーをよろけながらうろつくそんなおいらの楽しみはWindows11。


2021/8/14

投稿日:
カテゴリー: 未分類

作成者: user

還暦を迎えてますます円熟味を増す、気ままわがまま、ききわけのないおやじ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です