カテゴリー
未分類

10万円定額給付金をネットで申請してみる

15日から順次申請用紙が郵送されるという。

ネットでの申請は受付中のためいっちょやってみるとするか。

内閣府の「マイナポータル」が窓口になる。

うさぎのアイコンから「ぴったりサービス」へ




郵便番号を入力、

特別定額給付金にチェックを入れて次へ



マイナンバーカードの利用が必須で、

(娘は住居変更の申請に練馬区役所にいって手続きしていたとき、マイナンバーカードの必要性を窓口の職員に尋ねたところ、「いずれ廃止になるからマイナンバーカードの発行申請はしなくてもいいですよ」といわれたそうだ)

唖然とする。


PCの動作確認のチェックが入り、

ここで、立ち止まる。マイポータルアプリのインストール。ダウンロードしインストールは終了したのだけど、STEP3のビックリマークがレ点に変わらず進めない。

Google Chromeの設定が必要で、やや手間取る。

結局PCを再起動することでアプリの導入完了した。




マイナンバーカード、カードリーダライターを手元に置き、銀行のキャッシュカードを写メで撮って画像を用意しておく。

電子署名はこのデータの送信が本人からのものであることを証明するものだ。

住所氏名、連絡先などの基本情報の入力とキャッシュカードの画像を添付する。


電子署名の付与のさいのパスワードを忘れた人たちが区役所に殺到しているという。

ぬかりのないはたぼーのことだ、入力し進む。

マイナンバーをカードリーダライタ―にぬかりなくセットする。


さて、署名を付与し、ファイナルステージのデータ送信というまさにそのとき!

なぁにぃ?証明書が失効している?

市区町村の窓口にこいだとぉ!

総務省をネットで問い詰める。

すると、

電子証明書が記録されたマイナンバーカードを受け取ります。(電子証明書は原則として発行の日後5回目の誕生日まで有効です。ただし、署名用電子証明書については、住所・氏名・性別が変更された場合には無効となります。さらに、電子証明書の格納媒体であるマイナンバーカードの有効期間が満了となった時点で、電子証明書の有効期間も満了します。)

わたしの場合、性別は変更されてないが、住所を変更したがために失効したというわけだ。

2020/5/13