カテゴリー
未分類

やられないとやりかえせない直樹

やられて怒りが頂点に達しないと仕返し倍返しのパワーがさく裂しない直樹。

もし、忠臣蔵の吉良上野之介が「よい人」だったら、殿中でござるも、播州赤穂浅野家お家取りつぶしもなく、大石内蔵助の仇討もないし、泉岳寺の墓もない。

大川橋蔵の切腹のシーンもなく、高倉健もやらなくてもいい大石内蔵助をやらずにすんだはずである。


悪役の名優が揃っていたころの昭和中期の映画は熱っぽくエネルギッシュでなによりエキサイトできた。悪だくみには血がたぎり復習に燃えた。

ほんとのワルの成田三樹夫、天津敏は頭の切れる悪役でいまでも卑怯で陰険なシーンを思い出しては復讐したいと思っている。TVドラマや映画がつまらなくなったのは本格派の悪役を演ずることのできる役者がいなくなったこともその要因のひとつ。


いっぽうで本格派の悪役に正面から対峙できる主役も不在だった。

それが現れた。

堺雅人と主役を食ってしまうほどの脇役、香川照之。


大企業内部での陰謀と裏切り。敵が味方となる力関係のバランスの変化を巧みに読んで復習をとげる頭脳プレーと大胆なストーリー展開。

しかし、友情出演のこの方はいいとこなしの頭取役。

取締役の不正も魂胆も見抜けず、直樹に助けてもらうだけ。

このままでは終わるまい。

黒崎役の片山愛之助にも粉飾決算を告発してもらわないとすまないわよ!


それにしても歌舞伎役者の演技が光る。

難を言えば伊佐山役の市川猿之助は脂ぎっていて、もすこし怜悧冷徹なスリムな悪役がほしいところ。

木更津キャッツアイを思いだしてしまい、、、

第5話が待ち遠しい。

2020/8/13

カテゴリー
未分類

三男「乾太」誕生

長男「R」2才、次男「K」生後2カ月、そして3男「乾太」が産まれ男ばかりの3兄弟。

「乾太」は難産だった。

難産となった理由は壁を通す排気ダクト工事で出産までに3時間以上かかったこと。


2世帯住宅での子育てにあたっての娘の希望は、

1 第3子も男ん子がいい

2 第3子は夫や電気くんより都市ガスさんとの子がいい

3 第3子は暴れん坊将軍となってしまった長男「R」とは違う、パワフルでありながらも従順でいうことをよく聞く男ん子であってほしい


じいじとネット会議。

車の中でじいじの顔面を平手で笑いながら10数回の往復ビンタしたことを詫びる気配はない、、、


そこでリンナイ家からのもらい子「乾太」が我が家に。

梅雨が明けてカンカン照りとなったちょうどのタイミングで産まれた(笑)。

 

乾太くんとは

 

ストーブ同様、電気乾燥機との差は歴然。

早く、安く、ふわっふわ、さらっさら、除菌と清潔が売り。

2020/8/10