カテゴリー
未分類

東欧の一人旅~東ベルリン~

 

昭和57年春に東欧を一人旅した。

イギリス中部ミッドランドのバーミンガムの知り合いのところでお世話になったあと、鉄道で東ドイツへ向かい、ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデンを巡った。


当時共産主義国を旅行するのはそこそこめんどくさく、あらかじめ在日大使館に滞在許可を求め、滞在予定のホテルを予約し届け出ていないとビザが下りなかった。


だから得意のその日暮らしの気ままな旅も出来ず、行く前から窮屈な気分だった。でもその緊張感というか秘境感というか悲壮感というかその覗いてはいけない禁断の旅みたいんが心地よかった。その頃は観光地やリゾート地なんかにまるで興味はなくハワイやアメリカなんかは行っても仕方ないと思っていたから。


到着したなら到着したで第二次大戦の独ソ戦でロシア軍に徹底的に破壊された東ベルリン市街は破壊の傷跡も残り、廃墟にはたただただ広い道とでっかいだけで味もそっけもないビルが一面に建てられており、人々の活気や人々の暮らしや息づかいも感じ取れない町が私を待っていただけだった。


目的のひとつでもあったベルリン郊外ザクセンハウゼンユダヤ人収容施設を見学し、そして南下してライプチッヒ、ドレスデン、次にチェコスロバキアの首都プラハとピルゼンに向かうのだけどそもそも何のために好き好んで共産国家などを旅したいと思ったか。


答えの一つは本場もんのビールがどんなもんか自分の喉で確かめたかったこと、もう一つは西側が伝える共産国家の報道と実物実情実際がどう違うのか確かめたかったということだった。さらにいえば美しい古都は東欧に多く残っており、カメラをぶら下げた日本人に会わずにすむということだろうか。


ふたつ目の目的の答えはすぐにでた。西ドイツと東ドイツのどうしようもないほどの経済格差、生活水準格差を目の当たりにしたこと、さらにはソ連の暗い陰をそこに見たことで。


町は中世の落ち着いた美しいたたずまいを残してはいるけれどくすんで暗く、まるで町が喪に服しているようで人々は希望のないうつろな目をしていた。ひとことでいえばしあわせそうにとても見えなかった。


とはいえ、治安はよくみな親切で市民には無縁のホテルの高級バーやレストランにいっても格安でお金の心配することもなく安心だった。建前上通貨マルクは東西同じ交換レートだけど市中で闇ドルに交換すると6倍くらいになったと思うが、一番の問題はお店には買いたい商品というものが並んでいないことだった。


東西これが同じドイツ民族だろうかと思ったのが第一印象。ナチスにより犠牲になったロシア人は2700万人ともいわれている。ロシア人は未来永劫ドイツによる殺戮を許しはしないだろう。そのロシアに占領統治されるとこうなるのかという見本をこの東ベルリンに見た気がした。

街中ではツーリストビュローなどをのぞいて英語は通じないかわりにロシア語の表記を目にすることが多かった。


ドイツ語は第二外国語だったしちょびっとだけならわかる。今回の旅行前にあわてて興味本位でロシア語を学んだけれどこれはまったく使い物にならない。

それでもレストランなどではなるべく話しかけることにしていた。一人旅であっても言葉が不自由であってもかたことであっても地元のひとたちに話しかけることにしていた。


道がわからないふりをして尋ねてみたり、でないとこんな異国にわざわざやってきた意味がない。観光地巡りや美術館にいくよりずっとおもしろかった。

鉄道は貨車に何十両も戦車を積んで走っていたしロシア兵が銃を担いでうろついてもいた、そんな時代だった。


貧しく、笑顔なく、将来の希望なく、というふうに見えた。発展途上国の貧しいが活気と笑顔があふれているあの姿とはあきらかに違う。


旅をするときはまずはぼろな服を着てくたびれた靴を履いていって旅先の市場やデパートやスーパーで買い求めそいつらを捨てていくということをしてきた。


東ベルリンの目抜き通りの一流?デパートで買い求めた棚の上の最も高かった本格革靴は履いて一週間もせずに接着剤べっとりの靴底が抜けた。


1989年にベルリンの壁が崩壊したときようやくこれで東ドイツに春が来ると喜んだ一方でその道のりは険しいものになるだろうと思った。東独出身のメルケルおばさんの悩みの種である東ドイツはいまだに28年間の負の遺産を引きずっている。


若い人たちにはぜひとも若いときの曇りのない目で世界を見てほしいと思う。曇りのない心を持っているときしか感じ取れないものがあるはずだ。


じじいの観光グルメ旅行などは人生のおまけでしかない。

でないとドイツの背負った十字架や中国の習近平がやらかそうと企んでいることなんかは見えてこない。政治的には日本はアメリカの属国であり、首相からしてへらへら大統領のご機嫌ばかりうかがっている存在感のない国だ。


さいきん我が家のちょうど真上を羽田に向かう旅客機が降下してくるようになった。まもなく車輪をだすくらいの高度で次から次へとやってくる。

「南風時」の国際線の発着が集中する夕方の約4時間(15時~19時)のみということだけど。

羽田まで気を付けてね~

長らく、というか戦後から首都東京の上空は米軍横田基地の管轄空域になっていて日本の飛行機は飛べなかった。

これが属国でなくてなんであろうか。


偉大な中国文明を持ちながら中国はイギリスをはじめ列強に蚕食され食い物にされ、日本の侵略を受けた。


そのみじめな歴史の象徴が香港であり台湾である。もはや人が多く貧しいだけの中国ではない。世界の下請工場を踏み台にして力をつけた中国はアヘン戦争以来の虐げられた歴史を塗り替えるためにアグレッシブな行動をするだろう。つまり二つとも力づくで中国に統一してしまおうとしていることはまさに今の香港情勢をみればわかる。

トランプのアメリカとの衝突は避けられない。


2020/9/11

カテゴリー
未分類

缶ビールの異変

なんちゃってビールもどんどん進化している。企業努力の執念のかたまりといってもいいくらいだ。

最近のヒットはサントリープレモル「香るエール」で文句のつけようがない。

傑作ではあるが財布には厳しい。

そんなときにはその弟分にあたる第3ジャンルのこれ!



2020年の新発売。

一口飲んでたちまちファンになり常備している。


しかし不思議だけどときどきボコった缶が混じっていることがる。

角がつぶれていたり、へこんでいたり。

返品するほどでもないしなぁ。

まぁいいかと。

すると、


あーっ!

コードネーム「R」とその手助けをする悪の一味の仕業だった!

カテゴリー
未分類

YouTubeをダウンロードして保存しよう!

 

そして、お気に入りの詰め合わせをどこへでも持ち歩こう!

もちろん無料ソフト。使い方はリンクを貼り付けるだけ。

 

2020.9.18 続報!

このソフトはウイルス感染のおそれがあります!

ダウンロードしないよう注意ください!


本日公開の「ミッドウエイ」をさっそくDL 。

仕事がたてこんでいようと映画館へいっちゃる!

世の中には仕事に優先するどうでもいいようなことがあるのだ。

最近は格段に動画の解像度があがって4K映像でアップされている番組も多くなったため保存することにする。


ただし、再生できないやつがあるため再生ソフトはいくつかインストしておくとよい。

おすすめは、これ(もちろん無料)

PCに標準装備の再生ソフトWindowsMediaPlayerはまったくといっていいほど役に立たない。


これを組み合わせるとほぼほぼ「難なく」再生できるようだ。


そして、動画を保存するならこれがおすすめ。

4TBが手ごろ。2TBでは容量不足。信じられないくらい軽量コンパクト。


15年のPC自作生活の経験上、HDDでいえばウエスタンデジタル社の製品がもっとも安定していて信頼できるかな。

HDDにつきものの故障不具合がなかった。


YouTubeでさいきんはまっているのは「おじトラチャンネル

熊本のおっさんドライバーの爆走トラック日記。嬬恋の高原キャベツをみなさんに届ける仕事をしていることにヨロコビを感じているみたいだ。

トラックドライバーの日常のご苦労がしのばれるレポートだ。サービスエリアやパーキングエリア、街道沿いのおいしい店の品定めの記録でもあり同じ路上生活を愛するものとして共感や親しみをおぼえる。


おやじさんは舌っ足らずで丸っこくてかわゆい。

くまもんをおやじにするとこうなる、あるいはおやじをくまもんにするとこうなるという見本のようなお方。

ごはんもそれはそれはうまそうにばくばく豪快に食べる。

経験上熊本の人たちにはいい人が多い。

番組を見ていてこのおじトラがつねに仲間たちのことも考えていることがわかる。荒っぽい中によか人間味がにじんでいる。


再生回数、登録数の多さは目新しさや食レポのおもしろさだけではないことを証明している。


ぜひトラック党を立ち上げきびしい労働環境にあるトラックドライバーのために声をあげてほしい。


家族をおいて、高速道路を昼夜分かたずひた走るトラックドライバーたち。番組で荷下ろしの順番待ちの苦労などを知った。ほんとお疲れさまです。


スポンサーは日野自動車といすゞのトラックに決まっている。


この動画を保存するかといえば、保存するタイプの動画ではないような、、、


ぼくは椎名誠さんや東海林さだおさんの大ファンなのだけれど、愛蔵本としてコレクションするというのではなく本屋さんで購入することなくもっぱらブックオフでお世話になっている。これでは大ファンとはいえないね。

ごめんなさい、、、